PC表示スマホ表示

eMAXIS Slim、業界最低水準の手数料を目指し続けるファンドが登場

eMAXISシリーズの概念図

三菱UFJ国際投信プレスリリースより

日経平均やTOPIXなどの株価指数と、同じような動きを目指す投資信託にインデックスファンドがあります。低いコストで運用できるインデックスファンドの先駆けであったeMAXIS(イーマクシス)シリーズの運用コストはとても魅力的なものでありました。

ところが、昨今の投信会社各社の手数料引き下げ競争もあり、次第に手数料面での魅力度が下がってしまい、『eMAXISが今後どうなるんだろう?』という気持ちで動向を見守っていました。

そこに2017年2月、eMAXISに『業界最低水準の運用コストを目指し続ける投資信託が登場!』というニュースが流れて来ました。今回は業界最低水準の運用コストを実現するeMAXIS Slimについてチェックしていきましょう。

eMAXISはどんなシリーズか?

厚生労働省イデコ資料

三菱UFJ国際投信ウェブサイトより

eMAXISは、日経平均株価やNYダウなどの株式指標と同じような値動きをするように作られたインデックスファンドシリーズの1つです。2009年に運用を開始し、現在では全31本、純資産の合計は2,389億円にもなります(2017年2月現在)。

登場当初は運用にかかる手数料の低さで注目を集めていましたが、先に書いたとおりここ数年はライバルがどんどん手数料を引き下げ、運用コストの面ではeMAXISの魅力が欠けてしまう感じになっていたのが現実です。しかし、eMAXIS Slimの登場で、投信業界の勢力図がちょっと変わってくるかもしれません。

eMAXIS Slimは【業界最低水準の手数料】を目指す投資信託!!

今回登場したeMAXIS Slim、驚くべきは運用にかかる手数料に関する発表内容です。

『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』は、他社類似ファンドの運用コスト に注意を払い、機動的に信託報酬を引き下げることによって、今も、そしてこれからも業界最低水準を目指し続けるインデックスファンドです。できるだけ低コストの投信を購入したいというお客さまからの強いご要望にお応えし、販売会社とのコラボにより誕生しました。(三菱UFJ国際投信プレスリリースより)
運用管理費用(信託報酬)の比較
ファンド名 eMAXIS
Slim手数料
換金手数料
なしシリーズ
手数料
基準価格など
(SBI証券)
eMAXIS Slim
国内株式
0.1944%
以内
0.1944% 詳細
eMAXIS Slim
国内債券
0.1512%
以内
0.1566% 詳細
eMAXIS Slim
先進国株式
0.216%
以内
0.216% 詳細
eMAXIS Slim
先進国債券
0.1836%
以内
0.1836% 詳細
eMAXIS Slim
バランス
(8資産均等型)
0.2376%
以内
0.3672%
(4資産均等型)
5/9設定
eMAXIS Slim
新興国株式
インデックス
0.3672%
以内
対象商品
なし
7/31設定

ここに書かれているとおり、eMAXIS Slimは現時点でも業界最低水準の手数料を設定していますが、今後ライバルの商品が運用コストを下げてきたらeMAXIS Slimも手数料の引き下げを実施して、業界最低水準を目指します・・・とのこと。ここまで手数料面で攻め込んでいる商品は他では見られません。

現在のラインナップは国内株・国内債券・外国株・外国債券・バランス・新興国株式の6本です。当シリーズ登場当初は4本でしたので、少々物足りなさがありましたが、徐々にラインナップが増えています。

※自分に合ったポートフォリオ(資産配分)を知りたいということであれば、ロボアドバイザーを活用するのも手です。簡単な質問に答えるだけで、自分に合った資産配分を教えてくれます。

ロボアドバイザー

関連記事

自分に合ったファンドを教えてくれるロボアドバイザーを比較!各社の特徴をチェック

eMAXIS Slimの動きを受けて、既存のeMAXISはどうなるのか?その他のインデックスファンドシリーズがどのような動きを見せるのか、今後の動向が気になるところです。


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用