PC表示スマホ表示

ひふみ投信の『株』が上がった出来事

ひふみ投信の基準価格推移

ひふみ投信 月次報告書より

ひふみ投信の『5まんじゅう』キャンペーンに応募

日本株アクティブファンドの中でも好調な成績を残しているひふみ投信。昨年ついに基準価格が5万円に到達しました。それを記念し、ひふみ投信が『おまんじゅう』ならぬ『5まんじゅう』を抽選でプレゼントするという企画がありましたので応募してみました。

それからしばらく経ったある日のこと。ポストを見ると、見慣れたロゴの封筒・・・それはひふみ投信の運用会社であるレオス・キャピタルワークスからのお便りでした。

ひふみ投信の封筒

宛名の部分には『ひふみ投信ステッカー』の文字・・・ステッカー?

ひふみ投信郵便物

封筒を空けると、レオス・キャピタルワークスのキャラクター『ひふみろ君』のステッカーと・・・

ひふみ投信ステッカー

・・・キャンペーンに応募したことへのお礼メッセージが入っておりました!

ひふみ投信郵便物

抽選から外れているのに、丁寧にメッセージとノベルティーまで送ってもらえるは嬉しいですね。こういった点にレオス・キャピタルワークスの姿勢が表れていると思います。※ひふみ投信の運用報告は、他の投資信託と比較するとだいぶ丁寧、かつ情報量が多めです。また、You Tubeなどによる情報発信にも積極的です。

ひふみ投信

関連記事

ひふみ投信・ひふみプラス、TOPIXを上回る成績を出すアクティブファンドの特徴を知る

このようなメッセージを受け取り、自分の中でひふみ投信の株がさらに上がりました!(『投資信託』を運用しているのに、『株』?というツッコミはナシでお願いします。)

ひふみ投信とは?

ひふみ投信は、主に日本株に投資するアクティブファンドの1つです。アクティブファンドは、TOPIXや日経平均株価といった指標を上回る成績を目指す商品です(必ず市場平均以上の成績を出すというものではありません)。市場平均と連動するような成績を目指すインデックスファンドと比べると運用コストは高めですが、運用がうまくいけばインデックスファンドを上回る成績を残すこともあります。ひふみ投信は、アクティブファンドの中でも比較的好調な成績を残すファンドの1つです。2017年はメディアでの露出の影響もあり、資金流入量が大きく増加しています。

さてひふみ投信ですが、姉妹ファンドを含めて現在3つのファンドが販売されています。確定拠出年金(イデコ)向け商品の『ひふみ年金』、運用会社(レオス・キャピタルワークス)から直接購入する『ひふみ投信』、証券会社や銀行などの販売会社を経由して販売される『ひふみプラス』があります。どのファンドも投資の方針や投資銘柄は同じですが、販売の方式や手数料に違いがあります。

ひふみ投信とひふみプラスの主な違い
  ひふみ投信 ひふみプラス
販売窓口 ひふみ投信 各証券会社
純資産額 1,322億円 5,161億円
手数料 販売手数料:無料

信託報酬:1.0584%
販売手数料:無料(SBIなど)

信託報酬:1.0584%
投信の
特典
信託報酬の還元
保有期間5~10年:年0.8584%
保有期間10年以上:年0.6584%
純資産総額に応じて信託報酬を割引
500億円超の部分:年0.9504%
1,000億円超の部分:年0.8424%
最低投資額 1,000円~ 100円~(SBI証券など)

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用