PC表示スマホ表示

セゾン投信が販売・運用する投資信託の手数料が引き下げ!

セゾン投信プレスリリース

セゾン投信プレスリリースより

ここ最近、自社で投資信託の販売から運用まで手がける『独立系投資信託』に関するホットなニュースが飛び交っています。2月には、ひふみ投信がTVで取り上げられ、口座開設する方が多く集まっているそうです。

現在、口座開設が完了するまでにお客様との郵送のやり取りも含め10日~2週間の日程を要しております。
できるだけ早くお手続きを行ってまいります。お客様におかれましては今しばらくお待ち頂きますようお願い申し上げます。

レオス・キャピタルワークス:[3/10更新]口座開設の手続きを行ってくださったお客様より

そして3月に入り、『独立系投資信託』の1つセゾン投信が運用管理費用(信託報酬)の引き下げを発表しました。

セゾンの投資信託 運用管理費用の比較

今回引き下げられた費用は、『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』と、『セゾン資産形成の達人ファンド』の運用管理費用です。実際に支払う費用はこの運用管理費用に、ファンドが投資するファンドの信託報酬・運用管理費を加えた『実質的な信託報酬』です。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  運用管理費用 実質的な信託報酬
旧手数料 0.5076% 0.69%±0.03%
新手数料 0.4968% 0.68%±0.03%
セゾン資産形成の達人ファンド
  運用管理費用 実質的な信託報酬
旧手数料 0.5832% 1.35%±0.2%
新手数料 0.5724% 1.35%±0.2%

セゾン投信が販売する2本の投資信託の比較

各種賞の受賞も多いセゾン投信の商品

セゾン投信プレスリリース

セゾン投信公式サイトより

セゾン投信は、先に紹介した通り、2本の投資信託を販売しています。『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』は、世界最大の資産運用会社と言われる米バンガード社のETFを用いて、世界の株・債券に投資しています。もう1つの『セゾン資産形成の達人ファンド』はアクティブファンドで、日本を含む世界の株式に投資するファンドです。

セゾンが販売する投資信託の比較
  セゾン・バンガード
グローバルバランスファンド
セゾン
資産形成の達人ファンド
投資対象 世界の株・債券 世界の株式
投資比率 株:50% 債券:50% 基本的に株100%
投資スタイル インデックス運用 アクティブ運用
手数料 0.68%±0.03%
信託財産留保額:0.1%
1.35%±0.2%
信託財産留保額:0.1%
投資信託の紹介 詳細 詳細

セゾン・バンガード…』は株と債券にバランスよく投資しているので、投資のリスクを軽減しつつ運用したいという方向け。『セゾン資産設計…』は株100%の運用なので、リスクを大きく取りたいという投資家向けと言えそうです。

《投資家志向》で《有言実行》のセゾン投信

また、同社は2015年にフィデューシャリー宣言というものを発表しています。この宣言の内容を大まかに言うとおり、『「お客さまのため」にのみ資産運用業務に従事』するというものです。その中には以下のような一文があり・・・

既存ファンドの信託報酬等についても、適宜その適正性につき、当社の「事業継続性」と「お客様のコスト低減」とのバランスを図りながら検討を行い、不断の経営努力によりその低減に努めます。

セゾン投信:『フィデューシャリー宣言を公表しました!』より

と明記しています。

実際に2015年9月には、グローバルバランスファンドの信託報酬を0.74%から0.69%に引き下げ、ついで今回は同社の販売する両ファンドの信託報酬を引き下げとなりました。

このように、顧客に対してどのような運用をするかとハッキリ伝え、実際にそれを実行している会社さんはなかなかないものです。セゾン投信さんには、今後も個人投資家の資産形成に役立つ運用を続けていってもらいたいですね。


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用