PC表示スマホ表示

SBI証券のiDeco:イデコ、期間限定で加入・移管にかかる手数料を一部無料に!

SBI証券イデコキャンペーン

SBI証券公式サイトより
(画像クリックで当サイト限定のタイアップキャンペーンの紹介が開きます)

2017年1月より、加入範囲が広がり、盛り上がりを見せている『個人型確定拠出年金:iDeCo(イデコ)』。証券各社で、イデコで運用できる商品ラインナップを拡充させるなどで、顧客の獲得に力を注いでいます。

SBI証券でも、イデコへの加入時・移管時にかかる手数料と、2017年6月までの口座管理手数料を一部無料にするキャンペーンを実施中です。

※2017年5月追記
SBI証券のイデコに関する手数料がさらに優遇されました!

確定拠出年金のイメージ

関連記事

SBI証券・楽天証券、イデコの管理手数料が0円に!!



SBI証券イデコキャンペーンの詳細

SBI証券では、2017年6月まで、以下の手数料を無料にするキャンペーンを実施中です。

  •  ①加入時・移管時にかかる手数料1,080円が無料に
  •  ②6月末までの毎月の口座管理手数料324円が無料に

①加入時・移管時にかかる手数料『1,080円』が無料に

イデコの加入時には国民年金基金連合会と、利用する金融機関に手数料を支払う必要があります。当キャンペーンでは、手数料のうち証券会社に支払う手数料1,080円無料になります。

SBI証券のイデコ 加入時・移管時にかかる費用
手数料の支払先 国民年金基金
連合会
SBI証券 合計
通常の手数料 2,777円 1,080円 3,857円
キャンペーン
期間中の手数料
2,777円 0円 2,777円

②6月末までの毎月の口座管理手数料『324円』が無料に

イデコの運用時には国民年金基金連合会と、利用する金融機関に手数料を支払う必要があります。そのうちの証券会社に支払う手数料324円無料になります。

SBI証券のイデコ 毎月の運用時にかかる費用
手数料の支払先 国民年金基金
連合会
SBI証券 信託銀行 合計
通常の手数料
(年金資産額50万円未満
103円 324円 64円 491円
2017年6月まで
(または年金資産額
50万円以上
103円 0円 64円 167円

当キャンペーンの受付期間は6月30日までです。イデコの申し込みにはある程度の期間がかかりますので、キャンペーンを利用する場合は、ある程度余裕を持って申し込みをしましょう。

イデコを始める前に、制度のこと・金融機関のことをチェックしておきましょう

by Siri Hardeland

さて、このような形で注目を集める個人型確定拠出年金制度ideco(イデコ)ですが、イデコの利用前には制度のことをよくチェックしておきましょう。イデコは、金融機関によって運用できる商品ラインナップや、利用時にかかる手数料が異なります。また、一度金融機関を設定すると、変更には手間がかかるものです。キャンペーンはあくまで『おまけ』として利用し、ご自身に合った証券会社でキャンペーンが実施されている場合は、上手に利用していただきたいと思います。

確定拠出年金バナー

関連記事

個人型確定拠出年金制度(iDeCo:イデコ)を活用しよう!

ひふみ投信スクリーンショット

関連記事

SBI証券の個人型確定拠出年金『iDeCo:イデコ』、手数料・商品ラインナップをチェック



【当サイト限定】SBI証券と住信SBIネット銀行の連携で2,500円プレゼント

※姉妹サイト「やさしい株のはじめ方」との合同キャンペーンです。SBI証券キャンペーン

現在、当サイトと姉妹サイト限定で、タイアップキャンペーンを実施しています。当サイト経由でSBI証券の口座開設と、住信SBIネット銀行の連携・振替を実施すると、2,500円などがもらえるキャンペーンを開催しています。当キャンペーンの詳細は、下記のページで詳しく紹介しています。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券と住信SBIネット銀行の利用で『2,500円』などをプレゼント!


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用