PC表示スマホ表示

確定拠出年金とnisaを比較

確定拠出年金制度とNISAの違いを比較します

NISAは確定拠出年金と同様に、『利益が非課税』など税制上のメリットがあります。ここでは個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)とNISAを比較して、それぞれの制度の活用方法を考えてみます。

運用利益の非課税は両者共通の強み

確定拠出年金もnisaと同様に、運用によって生まれた利益は非課税となります。 しかし、所得控除を考えると確定拠出年金に軍配が上がります。確定拠出年金の掛け金は、制度により全額所得控除となりますが、NISAにはそのような制度がないためです。

また投資できる金額に大きな差があります。NISAは年間120万円まで運用ができます。一方個人型確定拠出年金は、職業によって年間144,000円~816,000円と、投資できる金額が違ってきます。確定拠出年金とNISAでは投資できる金額に大きく差があります。詳しくは下記のとおりです。

NISAと確定拠出年金の比較
  NISA 個人型確定拠出年金
年間投資可能額 120万円 144,000円~816,000円(職業より異なる)
運用できる商品 株・投資信託・ETF・REIT 預金・保険・投資信託
税制優遇 資産の運用による利益:非課税 ・資産の運用による利益:非課税
・掛け金の分の税金が所得控除
運用期間 5年(最長10年) 60歳になるまで
資金の引き出し いつでも可能 60歳になるまで原則不可能

NISAは株も運用できる

NISAの強みは株を運用できる点です。リスクを大きく取った運用を考えているのなら、NISAを活用したいですね。ただし、損失も大きくなるので、分散投資などでリスク管理はしっかりとしましょう。

投資できる期間や積み立てた資産を引き出せる年齢が全く違うことに注意!

NISAの運用期間は基本5年で、延長をしても10年までしか運用ができません。一方、確定拠出年金は、20歳〜60歳の40年間運用することができます。その間は、各種税制面で優遇を受けながら資産運用ができます。(くわしくは確定拠出年金のメリットをご確認ください。)

しかし、確定拠出年金は60歳になるまで積み立てた資産を自由に引き出すことができません。一方NISAは、いつでも資産を引き出すことができます

まとめ

どちらの制度も一長一短。双方の制度を上手に併用したいですね。例えば、数年後に必要なお金を運用するのならNISAを使って運用する。将来のために自分の年金を上乗せしたいと考えるのなら『確定拠出年金』を使って資産運用する。このように、双方の制度を上手に使い分けて、賢く資産運用をしたいですね!

  1. 確定拠出年金を活用しよう
  2. 確定拠出年金とは
  3. 確定拠出年金 企業型と個人型の違い
  4. 確定拠出年金はこんなにすごい!驚く6つのメリット
  5. 確定拠出年金のデメリット
  6. 確定拠出年金の運用におすすめの商品
  7. 確定拠出年金におすすめの金融機関
  8. 確定拠出年金とNISAを比較

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用