PC表示スマホ表示

外国株式ファンドの比較

債券や国内株と比べて一般的に値動きが大きい外国株。これらに投資することで、大きな利益を求めようという投資信託が外国株式型のファンドです。おすすめファンドとして掲載しているものは、買付手数料が無料・運用管理費も低コストなインデックス型の商品を中心に紹介しています。

ここで紹介している投資信託はリスクが大きいものもあるので、値動きが小さい日本債券型のファンドなど安定型商品を合わせて持つことでリスク分散ができます。(参考:投資信託の選び方

おすすめ外国株式ファンド

ニッセイ - <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

2015年11月に運用管理費用が引き下げられ、業界最安値水準となりました。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.2592% 無料 12,706円 12.90%
主な購入窓口

三井住友・DC全海外株式インデックスファンド

低コストで資産運用ができる確定拠出年金向けの商品が、一般向けに販売開始されました。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.27% 無料 17,160円 4.10%
主な購入窓口

eMAXIS 先進国株式インデックス

MSCIコクサイインデックスと連動するよう作られた商品です。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.648% 無料 23,764円 24.19%
主な購入窓口

eMAXIS 新興国株式インデックス

アジア・中南米諸国の株式を中心に投資するファンドです。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.648% 無料 15,436円 24.50%
主な購入窓口

eMAXIS 全世界株式インデックス

日本以外の先進国・新興国の株式が投資対象です。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.432% 無料 23,837円 24.24%
主な購入窓口

EXE-i グローバル中小型株式ファンド

先進国・新興国の中小型株式に投資するファンドです

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.3764%程度 無料 14,911円 24.49%
主な購入窓口

EXE-i 新興国株式ファンド

中国などアジア諸国やブラジル・メキシコなど中南米に投資します

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.3924%程度 無料 12,228円 27.32%
主な購入窓口

EXE-i 先進国株式ファンド

米国・欧州に投資するETFを通じて先進国の株式に投資します

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.3574%程度 無料 14,978円 28.31%
主な購入窓口

SMTグローバル株式インデックス

投資対象地域は北米・欧州がメインです

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.54%程度 0.05% 15,274円 28.49%
主な購入窓口

SMT新興国株式インデックス

投資対象地域はアジアが60%超 その他中南米などに投資します

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.648%程度 0.3% 25,661円 20.07%
主な購入窓口

三井住友TAM - 外国株式インデックスe

日本を除く先進国に投資するインターネット取引限定の商品です

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.54%程度 無料 18,781円 12.13%
主な購入窓口

野村インデックスファンド・外国株式(愛称:Funds-i)

日本を除く先進国に投資するインターネット取引限定の商品です

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.594% 無料 23,543円 28.45%
主な購入窓口

野村インデックスファンド・新興国株式(愛称:Funds-i)

中国・韓国などアジアの新興国を中心に投資する商品です

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.648% 0.3% 14,154円 20.30%
主な購入窓口

三井住友TAM - SMTAMダウ・ジョーンズインデックスファンド

NYダウの値動きと連動するよう作られている商品です

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.7452% 0.2% 31,081円 34.31%
主な購入窓口

その他の外国株式ファンド


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用