PC表示スマホ表示

三井住友TAM - SMT国内債券インデックス・オープン

(最終更新日 2015/11/13)

三井住友TAM - SMT国内債券インデックス・オープン」は、ノムラ・ボンド・パフォーマンス・インデックス(国内の公債市場全体の動向を示す指標)に連動するように作られた投資信託です。インデックス型で手数料も安く、みなさんのポートフォリオに組み入れていただくのにおすすめなファンドと言えます。(おすすめ度 ★★★★★

基礎データ

三井住友・国内債券インデックス・オープンの基準価格・純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 NOMURA-BPI
ファンド設定日 2008年1月9日
分類 国内債券型インデックス
基準価格 11,489円
最低申込金額
(SBI証券)
一括購入 10,000円~
積み立て 500円~
購入時手数料 無料
運用管理費用
(信託報酬)
0.3996%
信託財産留保額 無料
運用資産額 96.9億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
1.72% / 1.81% / 1.58%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

投資信託の紹介

購入手数料が無料なのに加え、積み立ても“500円から(SBI証券の場合)”と、たいへんお手軽な金額で始めることができます。また、運用管理費用も0.3996%同種類のファンドの中でも比較的低い水準です。信託財産留保額が設定されているのも長期投資家にとっては魅力的ですね(詳しい説明はこちら)。超低コスト国内債券型インデックスファンドの中では、今のところ最も純資産総額が大きく、投資家から人気を集めています。

ご覧のように国内債券100%の投資信託です。中身は、国債が80%、地方債が6%、政府保証債が3%という具合です。資産形成における国内債券ファンドの役割のひとつとして、「不況対策」があげられます。不況になると、日本銀行は景気対策として企業がお金を借りやすいように金利を下げます。金利が下ると債券価格は上がりますので、債券投資をしていればその分利益が得られます。

ただ、現在は「毎年大量に発行される国債を、あとどれだけ市場で消化できるか?」が問題になっており、いつ金利が急騰してもおかしくありません。また、長引く不況で超低金利になってる今、ここからさらに金利が下ることは考えにくく、債券投資のリスクが高くなっている点には注意が必要です。

 

主な販売窓口(ネット証券会社など)

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用