PC表示スマホ表示

SBI証券・住信SBIネット銀行で『手数料』『金利』をお得に!

SBI証券・住信SBIネット銀行

ネット証券界でも1・2を誇る投資信託の品揃えのSBI証券。投資信託・ETFなどの取引に使えるネット証券ですが、SBI証券を利用するなら住信SBIネット銀行のことも知っていただきたいと思います。住信SBIネット銀行はSBIグループのネット銀行なのですが、同時に利用することで『入出金手数料無料』『好金利で預金可能』などの魅力的なサービスを受けることができます!

ATM利用手数料がほぼ「無料」に

住信SBIネット銀行の強みは「ATM利用手数料の低さ」です。銀行のATMは便利ですが、問題は出金などの手数料ですよね。通常の利用であれば手数料はかかりませんが、時間外の出金や提携ATMからの出金では、ジュース1本分くらいの手数料がかかってしまい、今まで貯まっていた預金利息も吹っ飛んでしまいます。

▼住信SBIネット銀行で利用できるATM

住信SBIネット銀行で利用できるATM

住信SBIネット銀行は出金に「コンビニATM」や「ゆうちょATM」を利用しますが、出金にかかる手数料は月2~15回まで無料です。

SBI証券との連携だけでも預金金利が10倍

銀行にお金を預けていれば利息が付きますが、今は低金利の時代。『お金が増えた!』という実感はあまり沸かないのが現実です。住信SBIネット銀行も、普通預金金利は大手銀行と同じ年0.001%です。しかし、SBI証券と住信SBIネット銀行を連携させるハイブリッド預金というサービスを利用すると、金利が10倍の0.01%という驚きの銀行に変わってしまうんです!(2016年5月現在)

普通預金金利とSBIハイブリッド預金金利の比較

また、ハイブリッド預金に預けたお金は、振込手数料無料でそのままSBI証券での投資信託の買付などに使えます。SBI証券をよく利用される方には便利なサービスです。

ネット銀行への抵抗感がなければ『使える』サービス

住信SBIネット銀行のセキュリティ対策「スマート認証」
住信SBIネット銀行のセキュリティ対策の1つ「スマート認証」

なにかと便利な住信SBIネット銀行SBI証券の組み合わせなのですが、万人受けするものではないかもしれません。例えばネット銀行ということで、セキュリティが心配という方も多いかと思います。私も利用する前は少々不安がありました。

ですが、住信SBIネット銀行さん側もその点には配慮をしており、HPを通じて定期的なパスワードの変更を促したり、パソコンとスマートフォンを利用して不正な取引を防ぐサービスなどを提供しています。このようなサービスでネット銀行の抵抗感がなくなるなら、この住信SBIネット銀行のATMサービス、SBI証券との連携で使えるハイブリッド預金はかなり使えるなサービスであると思います。

今なら2社の連携で2,500円などをプレゼント中!

SBI証券と住信SBIネット銀行のタイアッププログラム

現在『SBI証券』と『住信SBIネット銀行』を利用すると、①2,500円、②姉妹サイトやさしい株のはじめ方作成オリジナルレポート、『株初心者でも見つかる株の選び方』がもらえるキャンペーンを実施中です。

  1. STEP1住信SBIネット銀行の口座開設申し込みを行う。
  2. STEP22017年7月31日(月)までに、こちらのリンクからSBI証券の口座開設申し込みを行う。
  3. STEP3:8月18日までに必要書類を返送する。
  4. STEP4:8月30日までにSBI証券の口座に2万円以上の入金後、SBI証券の口座から住信SBIネット銀行の『ハイブリッド預金』に一括で2万円以上振り替えをすると、①2,500円、②姉妹サイトやさしい株のはじめ方作成オリジナルレポート、『株初心者でも見つかる株の選び方』がもらえます。

これから『SBI証券で資産運用したい』という方も、『ATMを賢く利用したい』という方にもおすすめです。


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用