PC表示スマホ表示
積立投資の基礎2 - 積立投資のはじめ方

年代別ポートフォリオ

ここでは、積立投資の有効性を知って「実際に積立投資をはじめてみよう!」と考えてくださっている方に、よりご自身にあった資産配分(ポートフォリオ)を実現していただけるように、管理人が思うその世代に適したポートフォリオを提案していきたいと思います。

20代~30代に適したポートフォリオ

投資期間に余裕があるこの世代は、リスク資産である株式を積極的に組み入れます。長期で見れば、債券よりも株式の方が良いパフォーマンスを上げていることが、統計データではっきりと示されています。

 

40代に適したポートフォリオ

積み立ててきた資産が大きくなってくるこの世代は、資産を“大きく”減らさないことも意識しなければなりません。基本的には、リスク資産である株式の割合を下げ、安全資産である債券の割合を上げることになります。

 

 

50代に適したポートフォリオ

積み立ててきた資産が大きくなり、将来の積み立て金額が少なくなるこの世代は、資産を減らさないことに“重点を置きます”

 

60代以降に適したポートフォリオ

ここからは積み立ててきた資産を崩して生活資金に充てていくことになりますので、資産を減らさないことに“徹します”

 

ここで示したポートフォリオは、あくまで1つの提案であって絶対的なものではありません。このページを参考にして、ご自身が納得できるポートフォリオを組んでいただければ幸いです。

オススメの投資信託
投資対象地域
日本 海外
投資対象
資産
株式 日本株式 外国株式
債券 日本債券 外国債券

投資対象:日本株

たわらノーロード 日経225

たわらノーロード 日経225

日経平均株価に連動した投資成果を目指す投資信託です。運用管理費用は長らく最低水準だった「ニッセイ日経225インデックスファンド」を更に下回ります。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(6ヶ月)
0.2106% 無料 8,470円 -17.34%
主な購入窓口

ニッセイ日経225インデックスファンド

日経平均株価に連動した投資成果を目指す投資信託です。運用管理費用が0.27%と日本株式ファンドの中でもかなり低い水準であることが特徴です。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.27% 無料 17,801円 -21.85%
主な購入窓口

投資対象:外国株

DIAM-たわらノーロード 先進国株式

DIAM-たわらノーロード 先進国株式

MSCIコクサイインデックスに連動した成果を目指す投資信託です。コクサイインデックス連動型の運用管理費用としては、最低水準の0.243%を実現しています。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.243% 無料 9,270円 -15.97%
主な購入窓口

ニッセイ - <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

ニッセイ - <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

日本以外の主要先進国株式に投資します。たわらノーロードと同じくMSCIコクサイインデックスに連動した成果を目指す投資信託です。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.2592% 無料 11,399円 -19.01%
主な購入窓口

投資対象:国内債券

ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド

ニッセイ国内債券インデックスファンド

日本の公社債に投資し、NOMURA-BPI総合に連動する投資成果を目指します。純資産30億円を超える投資信託の中では、最低水準の運用管理費用です。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.162% 無料 10,698円 8.15%
主な購入窓口

三井住友・日本債券インデックスファンド

三井住友・日本債券インデックスファンド

運用管理費用がわずか0.17%と、ニッセイ国内債券インデックスファンドと同じく低水準であることが評価すべき点です。こちらもNOMURA-BPI総合に連動する投資成果を目指します。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.1728% 無料 13,291円 8.06%
主な購入窓口

投資対象:外国債券

ニッセイ - <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド

ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ。2015年11月に運用管理費用が外国債券ファンドとして最低水準となりました!

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.216% 無料 10,492円 -11.51%
主な購入窓口

三井住友・DC外国債券インデックスファンド

シティ世界国債インデックス(除く日本)に連動する投資成果を目指します。運用管理費用はニッセイ外国債券インデックスファンドと大差ありません。

運用管理費用 信託財産留保額 基準価格 リターン(1年)
0.2268% 無料 18,731円 -11.36%
主な購入窓口

積立投資の基礎1
積立投資ってなに?

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用