PC表示スマホ表示

SMBC日興証券のロボアドバイザー『fund eye』~ポートフォリオのリバランス診断が便利~

『fund eye』利用イメージ

SMBC日興証券公式サイトより

投資に関する質問に答えるだけで、自分にあった投資方針や商品の提案をしてくれる『ロボアドバイザー』。SMBC日興証券fund eyeというツールをリリースしました。SMBC日興証券のロボアドバイザーサービスでは、『おすすめの投資信託の紹介』と『ポートフォリオの診断』機能が提供されています。

SMBC日興証券の『fund eye』の概要

SMBC日興証券のfund eyeは、おもに2つの機能が用意されています。

  •  ①これから投資信託を買う人に、おすすめの投資信託を提案する『はじめての1本を選ぶ
  •  ②当サービス利用者自身が現在保有する投資信託のポートフォリオと、ロボアドバイザーによって提案されたポートフォリオを比較し、自分のポートフォリオの調整案を出してくれる『リバランス

どちらの機能も無料で利用ができます

はじめての1本を選ぶ

こちらは多くのロボアドバイザーであるように、投資に関する質問に答えることで、自分に合った投資信託をいくつかピックアップして紹介してくれるものです。

『fund eye』質問02
『fund eye』質問06
『fund eye』投資対象の選択画面
『fund eye』診断結果

診断結果が出るまで、ほとんど時間はかかりません。質問に答えるだけで、簡単におすすめの投資信託が分かるので、その点は便利だと思います。ただし、(他のロボアドバイザーでもあるのですが)おすすめされた商品の運用にかかるコスト(運用管理費用:信託報酬)がすぐ分からないのは難点だと思います。

上の画像の診断結果から『詳しく見る』へ進むと、おすすめされた投資信託の各種データを確認できるのですが、投資信託の保有時にかかるコスト(運用管理費用:信託報酬、信託財産留保額)はすぐ確認ができず、さらに目論見書を開いて確認をしないとチェックできない点は、ちょっと不便だと思います。

おすすめされた投資信託の購入前には、その商品がどれくらいのコストがかかるかを確認することを、忘れずに実施したいですね。

自分の持っている投資信託のリバランス診断

こちらは、自分の投資スタイルに合ったポートフォリオ(資産配分)と、当サービス利用者の現状のポートフォリオを比較し、どのようにリバランスをすることで理想のポートフォリオにできるか診断できます。

先に紹介した『はじめての1本を選ぶ』と同じように、投資に関する質問に答えると、自分に合ったポートフォリオが出てきます。その内容と、現在自身が持っている投資信託のポートフォリオを比較し、理想の状態にするにはどうしたら良いのかを指南してくれます。

『fund eye』ポートフォリオ診断

▼試しに当サイトの、積立投資の実践ページで積み立てているファンドを登録してみました。(ここでは、国内で販売されている投資信託約5,000銘柄が登録できるそうです。)

『fund eye』に自身が保有する投資信託を入力

▼すると、現在のポートフォリオと『fund eye』の診断で出てきたポートフォリオを比較して、どれだけズレがあるかグラフで把握できます。

『fund eye』自分にあったポートフォリオと現状のポートフォリオを比較

▼そして、理想のポートフォリオに近づけるために、どのファンドを売却し、どんなファンドを購入すれば良いかを提案してくれます。

『fund eye』で投資信託を買い増し。

▼リバランス後のポートフォリオのイメージ

『fund eye』を利用したリバランスイメージ


証券各社からロボアドバイザーが登場していますが、おすすめの投資信託を探せるだけではなく、自分の持っている投資信託を登録し、おすすめポートフォリオに近づけるための診断ができる点は、他にあまりない面白いサービスだと思います。

SMBC日興証券の提供するサービスですが、同社に口座開設をしてなくても無料で利用ができますので、一度試しに利用してみてはいかがでしょうか?


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用