PC表示スマホ表示

SBI証券のiDeCo、取り扱いファンドが減少!買い替え候補の商品をまとめました

iDeCoのイメージ

2018年5月にiDeCo(個人型確定拠出型年金)に関する法改正があり、1つの金融機関で用意できるiDeCo対象商品の上限数が35本以下と決められました。

それにともない、SBI証券全67本あるiDeCo対象商品を、2023年までに35本以下に減らすことを発表しました。その他の金融機関は、iDeCo対象商品が35本以下なので変更はありません。

このページでは、SBI証券の今後の対応の流れと、自分が保有している商品がiDeCoの対象外になってしまった場合の対策についてまとめました。

商品除外までの流れ

SBI証券では、すでに今後iDeCoの対象商品から除外予定の投資信託や定期預金、保険商品が発表しています。

これらの商品は、iDeCoで該当する商品の運用している投資家から3分の2以上の同意が集まると、正式に除外が決定します。ただし、3分の2以上の同意が集まらないものは除外案から外され、かわりに他の商品が除外予定の商品となります。

除外に関するスケジュールは詳細が決まり次第、SBI証券の公式サイトより発表されます。

除外対象商品を持っている場合はどうなる?

除外が決定した商品は、いつまでに購入したかで除外決定後の取り扱いが変わります。

購入日 今後の扱い
18年4月30日までに
購入したもの
引き続き保有・運用できる
18年5月1日以降
購入したもの
除外が決定すると現金化される

なお、除外候補の商品は除外が正式決定するまで引き続き購入できます。ただし、除外決定後は現金化されてしまいますので、今のうちに他の商品への買い替え(スイッチング)を検討しておきましょう。

『除外予定商品』と『スイッチング候補商品』をまとめました!

下の表、左側は除外予定の商品です。その右側には、スイッチング候補になる類似商品をのせていますので参考にしてください。スイッチングはSBI証券のiDeCo加入者サイトから手続きができます。

分類 除外予定 スイッチング候補
国内
株式
日経225ノーロードオープン 三井住友・DCつみたてNISA日本株インデックスファンド 詳細
日経平均ファンド (愛称:にぃにぃGo)
ニッセイ日経225インデックスファンド
MHAM TOPIXオープン SBI
TOPIX100・インデックスファンド<DC年金>
詳細
DCグッドカンパニー(社会的責任投資) ポートフォリア-みのりの投信
(確定拠出年金専用)
詳細
三井住友・バリュー株式年金ファンド SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金> 詳細
外国
株式
日興-インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用) DCニッセイ外国株式インデックス 詳細
ハーベスト アジアフロンティア株式ファンド EXE-i新興国株式ファンド 詳細
シュローダーBRICs株式ファンド
国内
債券
野村-野村日本債券ファンド
(確定拠出年金向け)
三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 詳細
外国
債券
EXE-i先進国債券ファンド 野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) 詳細
三井住友・DC外国債券インデックスファンド
インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)
グローバル・ソブリン・オープン(DC年金)
SBI-PIMCOジャパン・ベターインカム・ファンド(愛称:ベタイン)
国内
REIT
DCニッセイJ-REITインデックスファンド DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 詳細
MHAM J-REITアクティブファンド(DC年金)
海外
REIT
野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け) 三井住友・DC 外国リートインデックスファンド 詳細
EXE-iグローバルREITファンド
バランス DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(債券重視型) DCインデックスバランス(株式20) 詳細
eMAXIS 最適化バランス(マイディフェンダー)
eMAXIS 最適化バランス(マイゴールキーパー)
eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー) DCインデックスバランス(株式40) 詳細
eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード) DCインデックスバランス(株式60) 詳細
eMAXIS 最適化バランス(マイストライカー) DCインデックスバランス(株式80) 詳細
コモディティ ダイワ/RICIコモディティ・ファンド 該当なし -
預金 スルガ確定拠出年金スーパー定期(1年) あおぞらDC定期(1年) -
年金 スミセイの積立年金(利率保証型) 該当なし -
第一のつみたて年金(5年)

SBI証券のiDeCoは投資できる商品数が減りますが、今後も残る商品は、除外予定商品より運用コストが低く設定されています。また、積極的に利益を求めるタイプの投資信託アクティブファンドもiDeCo対象商品に残っていますので、SBI証券のiDeCoの魅力は今後も変わらないでしょう。

イデコのイメージ

関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)の運用におすすめの金融機関

イデコのイメージ

関連記事

確定拠出年金とは?イデコとは? どんな制度かを詳しく説明!

SBI証券のイデコ

関連記事

SBI証券の個人型確定拠出年金『iDeCo:イデコ』、手数料・商品ラインナップをチェック


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用