PC表示スマホ表示

インデックスファンド『購入・換金手数料なし』シリーズが信託報酬を引き下げ

ニッセイアセットマネジメントウェブサイト画像

ニッセイアセットマネジメント公式サイトより

投資信託の運用コストである信託報酬(運用管理費用)。その低さで定評のあるのが<購入・換金手数料なし>シリーズです。全11種類のファンドがあるのですが、そのうち5本の信託報酬引き下げが発表されました。

信託報酬が引き下げられたファンド

ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ一覧
ファンド名 純資産総額 運用管理費用
(信託報酬)
基準価格など
(SBI証券)
ニッセイ
日経平均インデックスファンド
8.03億円 0.1944%
→ 0.18252%
(2/16~)
詳細
ニッセイ
TOPIXインデックスファンド
109.8億円 0.1944%
→ 0.17172%
(2/21~)
詳細
ニッセイ
国内債券インデックスファンド
55.9億円 0.1566%
→ 0.15012%
(11/21~)
詳細
ニッセイ
外国株式インデックスファンド
645.4億円 0.216%
→ 0.20412%
(11/21~)
詳細
ニッセイ
インデックスバランスファンド
(4資産均等型)
16.9億円 0.3672%以内
→ 0.23652%
(11/21~)
詳細

他のインデックスファンドとの比較

今回の手数料引き下げによって、ライバルであろう『eMAXIS Slimシリーズ』や『たわらノーロードシリーズ』などを下回る信託報酬となりました。現時点では最安となっていますが、つみたてNISA開始もあってか各社で手数料引き下げ競争が激しくなっています。

日経平均連動型

ファンド名
(ファンド紹介)
純資産総額 運用管理費用
(信託報酬)
基準価格など
(SBI証券)
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ日経平均インデックスファンド
8.03億円 0.1944%
→ 0.18252%
(2/16~)
詳細
【iFree】
日経225インデックス
2.7億円 0.2052%
→ 0.1836%
(10/2~)
詳細
【たわらノーロード】
たわらノーロード 日経225
23.5億円 0.2106% 詳細

TOPIX連動型

ファンド名 純資産総額 運用管理費用
(信託報酬)
基準価格など
(SBI証券)
<購入・換金手数料なし>
ニッセイTOPIXインデックスファンド
109.8億円 0.1944%
→ 0.17172%
(2/21~)
詳細
【三井住友・DC】
つみたてNISA・日本株インデックスファンド(旧:三井住友・DC日本株式インデックスファンドS)
79.7億円 0.2052%
→ 0.1728%
(9/21~)
詳細
【eMAXIS Slim】
国内株式インデックス
5.6億円 0.1944%
→ 0.1836%
(10/2~)
詳細

国内債券連動型

ファンド名 純資産総額 運用管理費用
(信託報酬)
基準価格など
(SBI証券)
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ国内債券
インデックスファンド
55.9億円 0.1566%
→ 0.15012%
(11/21~)
詳細
【eMAXIS Slim】
国内債券インデックス
6.6億円 0.1512% 詳細
【たわらノーロード】
国内債券
29.2億円 0.162% 詳細

外国株連動型(MSCIコクサイ)

ファンド名 純資産総額 運用管理費用
(信託報酬)
基準価格など
(SBI証券)
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド
645.4億円 0.216%
→ 0.20412%
(11/21~)
詳細
【eMAXIS Slim】
先進国株式インデックス
17.6億円 0.216%
→ 0.2052%
(10/2~)
詳細
【たわらノーロード】
先進国株式
150億円 0.243% 詳細

バランス型

ファンド名 純資産総額 運用管理費用
(信託報酬)
基準価格など
(SBI証券)
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)
16.9億円 0.3672%以内
→ 0.23652%
(11/21~)
詳細
【eMAXIS Slim】
バランス(8資産均等型)
44.2億円 0.2376% 詳細
【eMAXIS】
バランス(4資産均等型)
5.5億円 0.54% 詳細

各ファンドの販売会社(証券)

  SBI 岡三 カブコム GMO フィデリティ 松井 マネックス 楽天
日経平均 - - -
TOPIX
国内債券 -
外国株式
インデックス
バランス
-

<購入・換金手数料なし>シリーズは、ネット証券を中心に多くの金融機関で取り扱われています。信託報酬(運用管理費用)の低さと、購入しやすさを兼ね備えている点が、このシリーズの強みです。

  • <購入・換金手数料なし>シリーズの特徴まとめ
  •  ①信託報酬が低い。(運用にかかるコストが低い
  •  ②商品ラインナップは全11本で、様々な資産や投資対象に投資できる。
  •  ③多くのネット証券で取り扱いがある。

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用