PC表示スマホ表示

SPDR ブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券 ETF(JNK)

(最終更新日 2019/10/09)

SPDR ブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券 ETF(JNK)は、格付けが低く、利回りが高い債券「ハイイールド債」「ジャンク債」で構成される「ブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド・ベリー・リキッド指数」に連動する投資成果を目指す海外ETFです。利回りが高いですが、格付けが低い債券に投資する点に注意が必要です。(おすすめ度 ★★★★☆

基礎データ

SPDR ブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券 ETF(JNK)の価格推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 Barclays Capital High Yield Very Liquid Index
設定日 2007年11月28日
分類 海外ETF
価格 107.64米ドル
経費率
(信託報酬)
0.4%
純資産総額 96.39億米ドル
騰落率
(1年/3年/5年)
6.06% / 16.65% / 16.42%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

ETFの紹介

SPDR ブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券 ETF」(JNK)は、高利回りのハイイールド債やジャンク債に投資をするETFです。2019年10月時点の利回りは5.4%と高い水準にあります。

ハイイールド債やジャンク債は格付けが低く、債券の利払いや償還ができなくなるデフォルトリスクが潜んでいます。しかし、JNKは800を超える債券に分散投資をすることで、高い利回りとリスク分散を実現しています。

利回りの高さが魅力の海外ETFですが、金融危機などの不況時には注意が必要です。格付けが低い債券は不況時に売られ、価格を下げる傾向があります。

主な販売窓口(ネット証券会社など)

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用