PC表示スマホ表示

楽天証券に口座開設をすると、日経新聞の記事がスマホアプリで無料で読めます!

楽天証券スマホアプリ『iSPEED』

Google Playより

当記事をご覧になっている方の中にも、仕事のため・投資のためと『日経新聞』を読んでいる方がいらっしゃると思います。新聞をゆっくり読む時間があれば良いのですが、忙しいなかなか読めないときもありますよね。CMでよく見る電子版を契約していれば、スマートフォンなどで通勤中やスキマ時間に日経をチェックできますが、日経新聞購読料プラス1,000円を追加する必要があります。

ところが、楽天証券に口座を開設していると、楽天証券のスマホアプリ経由で、日経新聞の記事をチェックできる日経テレコン(楽天証券版)を、無料で利用することができます!

楽天証券のスマホアプリで日経新聞の記事をチェック!

楽天証券の口座を持っていない方は、まずは楽天の口座開設をしましょう。

楽天証券

関連記事

楽天証券 - 資産運用と同時にポイントも貯まる!

すでに口座を持っている方は、楽天証券のスマホアプリ『iSPEED』を持っていれば、アプリ経由で日経新聞の記事が読める『日経テレコン(楽天証券版)』にアクセスできます。

そもそも日経テレコンとは?

日経テレコンはビジネス向けのデータベースで、新聞など様々なメディアの記事を閲覧できるものです。日経テレコンのサイトによると、国内外の510の媒体・データベースの情報を閲覧できるというものです。そこから、楽天証券の会員向けに一部の機能を取り出した簡易版のものが『日経テレコン(楽天証券版)』です。簡易版と言えども、日経新聞の記事はしっかり読めます。

日経テレコン(楽天証券版)でチェックできる媒体

  •  ・日経速報ニュース
  •  ・日経新聞:朝刊・夕刊(3日分)
  •  ・日経産業新聞(3日分)
  •  ・日経MJ(流通新聞)(3日分)
  •  ・日経地方経済面

楽天経由で日経を読むメリット・デメリット

メリット①:無料で日経の記事が読める

何よりも無料で日経の記事を閲覧できるというのが、最大のメリットではないでしょうか。日経電子版は月4,200円、宅配プラス電子版の場合は、宅配料金+1,000円となり、そこそこお金がかかってきます。楽天の口座開設が必要という一手間がありますが、これだけ費用がかかるものを、無料で閲覧できるというメリットを考えると、その手間を惜しむのはもったいないです。

メリット②:日経MJ(流通新聞)、日経産業新聞もチェックできる

日経テレコン(楽天証券版)では日経新聞だけでなく、日経MJ・日経産業新聞の2紙も無料で閲覧することができます。通常なら日経産業新聞は月額3,670円(日経電子版オプション+1,500円で購読可)、日経MJは月額2,097円(日経電子版オプション+1,000円で購読可)かかるものです。

以上2紙のうち日経MJは、日経新聞の企業面・消費面のボリュームを増やした感じの新聞です。個人的には日経新聞の紙面は政治経済など、ちょっとお堅い感じでとっつきにくい感があるのですが、MJは世間で人気の商品に迫る記事や、食・ファッションなどちょっとユルい感じの記事が多く、新聞が苦手な方でも読みやすいという印象があります。(日経MJのTwitter公式アカウントを見れば、MJの面白さが伝わってくると思います。)

楽天版の日経テレコン上では、基本的にテキストでの記事閲覧となりますが、紙面をPDFでダウンロードすれば、宅配版同様カラー刷りの記事を閲覧することができます。

デメリット①:紙面をチェックできるのが過去3日分

日経電子版では、過去1週間分の日経新聞朝刊・夕刊のバックナンバーが収録されていますが、楽天版の日経テレコンでは、過去3日分の紙面までしかチェックができません。

デメリット②:日経電子版のような多機能はありません

また、日経電子版では新聞を見ているような感覚で記事をチェックできる『紙面ビュワー』という機能や、evernote(情報蓄積用のウェブサービス)との連携機能などがありますが、楽天証券版の日経テレコンは、あくまでも簡易的な記事閲覧機能に限定されています。

お試しで『日経電子版』を試したいという方にはおすすめのサービス

by Magnus Karlsson

本家の日経電子版と比較すると機能面では見劣りする点もありますが、無料で日経新聞の記事を閲覧できるのは大きなメリットであると思います。『スマートフォンなどで日経の記事をチェックしたい』、『日経新聞は読んだことがないけれども、一度紙面の内容を読んでみたい』という方にはおすすめのサービスです。

【当サイト限定】楽天証券と楽天銀行の連携で1,000円プレゼント

※姉妹サイト「やさしい株のはじめ方」との合同キャンペーンです。SBI証券キャンペーン

楽天証券の口座開設の際に、こうしたキャンペーンを併用して口座開設をされると、通常よりもお得に口座開設ができます。現在、当サイト経由で楽天証券の口座開設と、楽天銀行との連携『マネーブリッジ』を実施すると、1,000円がもらえるキャンペーンを実施しています。当キャンペーンの詳細は、下記の記事でご確認下さい。(キャンペーンが早期終了する場合もありますので、あらかじめご了承下さい。)

SBI証券のタイアップキャンペーン

関連記事

楽天証券の口座開設キャンペーンで『現金1,000円』をもらおう

楽天証券のハッピープログラム

関連記事

楽天「証券・銀行」を相互に利用して「ポイント還元」「ATM手数料の優遇」「預金金利up」!


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用