PC表示スマホ表示

人気の高分配金利回りUSリートファンドに潜むリスク

高分配金利回りUSリートファンドにはリスクがあります

日銀のマイナス金利の導入を受けて、高い利回りが魅力である不動産投資信託『REIT』に投資家の資金が流れています。そうした環境の中で、特に注目されている商品があります。

日銀のマイナス金利政策の導入で金融商品の利回りが低下する中、投資信託では不動産投資信託(REIT)で運用する商品への資金流入が顕著だ。特に、いわゆる分配金利回りの高い米国REIT投信の販売が突出している。4~6月期は売れ筋上位2本で、全投信の販売額の1割にも達し、業界では「高分配ファンドの二大巨頭」(大手投信会社)などと呼ばれている。

引用:2016年8月5日付けの日本経済新聞

高分配金利回りファンドの二大巨頭と言われているのは、「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」と「新光 US-REIT オープン (愛称:ゼウス)」を指しています。

(次の表、上にあるのが、フィデリティ・USリート・ファンドB、そして下が同じく多くの資金を集めるラサール・グローバルREITファンドの資金流入を表したグラフです。どちらも資金を多く集めているのですが、ここ数年でフィデリティのファンドへ流れ込む資金が多くあることが分かると思います。)

USリートファンドの資金流入

さてフィデリティのUSリートや新光US-REITがなぜ資金を多く集められるのか?それは両ファンドともに年間24%近い分配金を出しているからです。「年間24%の分配金」と聞けば、飛びつきたくなる気持ちもわかりますが、この分配金はすべてファンドの運用で得た利益から出ているわけではなく、足りない分を元金(投資家から集めた資金)からくずして出しているのです。

当然ですが、現在の運用状況でそんなことを続けていれば、ファンドの運用資金が無くなってしまいますので、いずれ分配金を減らすことになります。つまり、この年間24%近い分配金はいつ終了してもおかしくないということであり、決してこれを目的に購入してはいけないのです。詳しい説明は、「毎月分配型投資信託が損するしくみ」に書いていますが、基本的に毎月分配型の投資信託は損をするようにできているので、個人的にはおすすめできません。

米国リートに魅力を感じた方はインデックスファンドがおすすめ!

もし、米国リートが投資対象として魅力的だと感じていらっしゃるのであれば、運用にかかるコストが低いREIT型のインデックスファンドを購入しましょう。私がおすすめするのは「三菱UFJ国際-eMAXIS 米国リートインデックス」です。購入時の手数料が無料のうえ、分配金も利益が出ないと出さない方針なので、預けた資産を効率よく運用してもらえます。他にも、米国リートを中心に先進国のリートに投資している「三菱UFJ-eMAXIS先進国リートインデックス」「三井住友TAM-SMT グローバルREITインデックス・オープン」などもおすすめです。

最終更新日:2016年8月4日

フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)

購入時手数料 運用管理費用
(信託財産留保額)
基準価格 リターン(1年)
2.16% 1.512% 4,636円 3.46%
主な購入窓口

新光 US-REIT オープン (愛称:ゼウス)

購入時手数料 運用管理費用 基準価格 リターン(1年)
3.24% 1.6524% 3,456円 0.17%
主な購入窓口

三菱UFJ国際-eMAXIS 米国リートインデックス

購入時手数料 運用管理費用 基準価格 リターン(1年)
無料 0.648% 9,650円
主な購入窓口

三菱UFJ-eMAXIS先進国リートインデックス

購入時手数料 運用管理費用 基準価格 リターン(1年)
無料 0.648% 24,088円 -2.20%
主な購入窓口

三井住友TAM-SMT グローバルREITインデックス・オープン

購入時手数料 運用管理費用 基準価格 リターン(1年)
無料 0.594% 14,692円 -2.19%
主な購入窓口

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用