PC表示スマホ表示

投資信託の為替ヘッジとは

為替ヘッジの内容や注意点などをご紹介

投資信託の中に『為替ヘッジあり』という言葉を見かけたことはないですか?このページでは為替ヘッジとは一体どのようなもので、それを活用することにより、私たちにどのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていきます

為替ヘッジの役割は、為替変動のリスクを取り除くこと!

例えば1ドル=100円のときに外国株型の投資信託を購入したとしましょう。その後投資信託の基準価格が変動せず、為替レートだけが変動したと仮定すると、投資信託の価値はどうなるでしょうか?

購入時よりも円高(~99円)になった場合
円の価値が上がった(あるいはドルの価値が下がった)→損失『為替差損』が出る

購入時よりも円安(101円~)になった場合
円の価値が下がった(あるいはドルの価値が上がった)→利益『為替差益』が出る

円高が進んだとき、『円高還元セール』などでワインなどの輸入品が安くなるのと同じように、為替の変動は投資信託の価値にも影響を与えます。では、為替の影響を受けずに外国株型の投信を持つことはできないのでしょうか?そこに出てくるのが為替ヘッジです。

為替ヘッジとは、投資対象から為替の変動リスクを取り除く手段のことです。たとえば、ドル建てのアメリカ債券を購入するため、円をドルに替えます。同時に、将来このドル建てアメリカ債券を売却してドルを円に替えるときに適用する為替レートをあらかじめ予約しておく、という具合です。

外国株型の投資信託の場合、為替ヘッジありを選択すると、為替の変動を気にすることなく投資ができるというメリットがあります。ただし、投資信託を買ったときよりも為替が円安に変動し、為替差益がでるような場合には、ヘッジ型ファンドを持っていても、為替差益は得られません。

為替ヘッジを利用すると費用がかかるのでご注意を!

さて、この為替ヘッジ実施する場合に、ヘッジコストと呼ばれる費用がかかってきます。ヘッジコストとは、為替ヘッジを行う通貨と日本円の金利の差です。その費用は投資信託の運用管理費用(信託報酬)に跳ね返ってきます。ですから、『為替ヘッジあり』の投資信託を利用する場合は、ヘッジなしの投資信託と比較してどれくらいのコストがかかるか確認し、必要に応じて利用する必要があります。

為替ヘッジ型の投資信託を買うには

為替ヘッジがある投資信託ですが、外国資産に投資する投資信託全てに為替ヘッジがあるわけではありません。商品によって異なります。

運用管理費用の低いインデックスファンドシリーズではeMAXISSMT(スマート)たわらノーロード Funds-iなどに為替ヘッジ型の商品がラインナップされています。

ヘッジコストはどのように決まるのか?

為替ヘッジをおこなうと、取引コストの他に、2通貨間の金利差為替ヘッジコスト)、もしくは金利差為替ヘッジプレミアム)が投資期間に応じて発生します。金利の高い新興国通貨に為替ヘッジをかける場合は、為替ヘッジコストもそれなりにかかりますので、ご注意ください。

『為替ヘッジコスト』と『為替ヘッジプレミアム』の詳細

為替ヘッジについてさらにくわしく知りたい方のために、為替ヘッジコストと為替ヘッジプレミアムがどのようにして決まるのかを、以下で解説します。

説明をかんたんにするために、
為替レートが100円/ドル、円の金利が1%、ドルの金利が5%で固定しているとします。
(ここで言う金利とは、政策金利[中央銀行(日本だと日銀)が、一般の銀行(三菱UFJ銀行)にお金を貸すときに適用する金利]と呼ばれるもので、2016年6月現在だと、日本が0.1%、アメリカが0.5%となっています。)

このとき、10,000円を1年間保有していた場合、1年後に100円の利子がもらえます。(銀行に預けていたと考えてください)
つまり、1年後の10,100円の価値は現在の10,000円と言えます。

また、10,000円分のドル(100ドル)を1年間保有していた場合、1年後に5ドルの利子がもらえます。
こちらも同様に、1年後の105ドルの価値は現在の100ドルと言えます。

このような経済状況のとき、金融機関が
現在、10,000円と100ドルを交換する(為替レート100円/ドルの)取引をするのは、同じ価値の交換で問題ありませんが、
現在、1年後の10,000円と100ドルを交換する(為替レート100円/ドルの)取引をするのは、問題があります。

上記で述べたように、
1年後の10,100円と105ドルが同じ価値ですから、これがちょうど交換できる為替レート96.2円/ドル※でしなければなりません。

交換レートの計算例

※10,100円と105ドルがちょうど交換できる為替レートを計算します。

10,100円=105ドル×為替レート[円/ドル]
為替レート[円/ドル]=10,100円/105ドル=96.2円/ドル
105ドル×96.2円/ドル=10,100円

為替レート100円/ドルで、100ドルを円に替えると10,000円ですが、
為替レート96.2円/ドルで、100ドルを円に替えても9,620円にしかなりません。
この差額-380円が、為替ヘッジコストです(この差額がプラスのものが為替ヘッジプレミアムです)。


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用