PC表示スマホ表示

おつりを資産運用できる『マメタス』が間もなく登場!~運用するのは『ウェルスナビ』!~

マメタスのイメージ

ウェルスナビプレスリリースより

皆さんは買い物をしたときに出るおつりをどうしてますか?私は一時期買い物をして出た500円玉を貯金箱に貯めて【貯蓄】をしていました。(似たようなことをされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?)もしこの小銭が手軽に【投資】にでき、気がついたらそこそこな金額になっていたとしたら、面白いと思いませんか?

このたび、資産運用をすべておまかせできるロボアドバイザー『ウェルスナビ』が、おつりを投資できるサービス『マメタス』をリリースすることを発表しました!

そもそも「ロボアドバイザー」「ウェルスナビ」ってなに?

ウェルスナビの特徴

ロボアドバイザーとは?

今までの資産運用は、投資先選び(国内・海外…など)・商品を選び(Aファンド・Bファンド…)・注文・リバランス(資産配分の調整)…など、さまざまな手順を踏む必要があります。ある程度の工夫によって、その手間を小さくすることができますが、ある程度は手間がかかります。これらの手順を自動化してくれるのがロボアドバイザーです。

楽天証券

関連記事

自分に合ったファンドを教えてくれるロボアドバイザーを比較!各社の特徴をチェック

ウェルスナビとは?

ウェルスナビは、資産運用を自動で行なってくれるロボアドバイザーの1つです。資産運用に関する質問にいくつか答えることで、自分に合った資産配分を提案してくれます。またウェルスナビはその後の、商品の購入・リバランスなど資産運用に関するやり取りを自動でしてくれるサービスです。

楽天証券

関連記事

ロボアドバイザー『ウェルスナビ』をチェック!



おつりを投資できる『マメタス』とは?

財布のイメージ

by yto

ウェルスナビのおつりを投資できるサービス『マメタス』は、クレジットカードでの買い物のおつりを、1ヶ月分貯め、溜まったおつりを『ウェルスナビ』で投資するというものです。そこで疑問に思ったのは『カードで買い物したおつりってどうやって計算するの?』という点。プレスリリースによると・・・

・「おつり」の金額は、100円・500円・1000円の端数から選択可能です

・・・とあります。どうやら買い物した金額の端数を『おつり』とするようですね。例えばカードで1,350円の決済があった場合はのおつり金額は、

  •  ・100円の設定…おつり:50円 (100円-50円)
  •  ・500円の設定…おつり:150円 (500円-350円)
  •  ・1,000円の設定…おつり:650円 (1,000円-350円)

このような感じでしょうか?(このあたりの情報はまだしっかり出てきていないので、新たな情報を確認次第、このあたりは更新していきます。)カードを使って買い物をするたびに、このような形でおつりが貯められて資産運用が行われる。このサービスの強みは、おつりという少額のお金を、手軽に資産運用にまわせるという点だと思います。(単純におつりを貯めるだけでも、気がつけばそこそこの金額になっているような気もします。)

『マメタス』、まずは住信SBIネット銀行のウェルスナビ利用者から、サービススタート

財布のイメージ

住信SBIネット銀行ウェブサイトより

さてこのおつりを投資できるマメタス。すべての方にサービスが提供されるまでには、もう少々時間がかかるようです。まず5月末よりサービス開始となっていますが、初期段階で利用できるのは、住信SBIネット銀行経由でウェルスナビを利用する『WealthNavi for 住信SBIネット銀行』で積み立てを設定している方からだそうです。

ウェルスナビのサービスが受けられるの3つのプラットホーム

2017年5月現在、ウェルスナビのサービスは3つの窓口から利用ができます。

いち早く『マメタス』を利用したいという方は、住信SBIネット銀行にて、ウェルスナビの積立設定をする必要があります。ただ、順次利用範囲が大きくなるという事なので、しばらく待ってサービスがリリースされるのを待つのもアリなのかとも思います。

ウェルスナビ、3つのプラットホームの違い

先に書いた通り、ウェルスナビには3つのプラットフォームがありますが、提供されるサービスはどれも同じです。

(※厳密に言えば、(1)のウェルスナビは、資産運用をするために必要な初期投資額を100万円、(2)(3)は30万円と設定していますが、(1)はキャンペーンで5月末まで初期投資額を30万円に引き下げています。このキャンペーン、4月中に実施していたものを継続しているので、もうしばらくはこの流れは続くのではないかと見ています。)

『マメタス』は、資産運用を身近なものにするサービスとなる?

かつての資産運用は証券会社に出向いたり、電話したりして売買するものでしたが、いつしかネットを利用してパソコンやスマートフォンで取引できるようになりました。これだけでも随分と便利であると思いますが、今回のおつり投資『マメタス』は、今まで以上に資産運用を身近に、かつ手軽にする画期的なサービスとなりうるのでは…と思います。

 ▶   ウェルスナビの公式サイト

 ▶ 住信SBIネット銀行の公式サイト


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用