PC表示スマホ表示

SBI証券の公式サイト

SBI証券に資料請求をする

ここでは、投資信託をはじめるまでの第1ステップとして、資料請求の手順を見ていきます。実際に資料請求をするときと同じ画像を使って紹介していきますので、このページを見ながら一緒に進めていただくとかんたんだと思います。今回はSBI証券を例に出していますが、他の証券会社でも基本の流れは同じですので、一度目を通してみてください♪(資料請求は3分で完了します)

1.こちら(SBI証券の資料請求ページ)をクリックすると、画面内に『口座開設はこちら』というボタンが出てきますので、そちらをクリックしてください。

SBI証券口座開設画面

2.個人情報を入力する画面が出てきますので、ご自身の名前や住所などを入力してください。入力の途中に【特定口座を開設する】というチェックボックスがありますので、ここにチェックを入れておくと便利です。特定口座を開くと、株で利益が出た時に支払わなければいけない税金(確定申告)を、私たちの代わりに証券会社の方がおこなってくれます。

SBI証券のエクスプレス口座開設の入力画面

3.画面下に進みますと、【電子交付サービスの承諾と、重要書類の同意】の項目がでてきますので、2つともチェックを入れてください。

同意してください

4.そのまま下に進みますと、【住信SBIネット銀行の口座開設申込】の項目がでてきます。どちらでも問題ありませんが、申し込んでおくと便利です。こちらに申し込むと(無料)、SBIハイブリッド預金が使えるようになります。SBIハイブリッド預金は、大手銀行より有利な金利(0.07%)で預金することができます。さらに、SBIハイブリッド預金にお金を入れおけば、その残高がSBI証券口座にも反映されるので、証券口座にお金を入れる必要がなくなります。

SBIハイブリッド預金を申し込むと便利です

5.最後に確認画面がでてきますので、入力した内容をもう一度チェックしてください。チェックして問題がなければ、『この内容で申し込む』をクリックして完了です!

SBI口座開設の最終チェック画面

☆資料請求おつかれさまでした!☆

数日後にSBI証券から書類が送られてきますので、届きましたら次のページ(口座開設)をご覧ください♪(ハンコと出金先の銀行の通帳をご用意ください)


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用