PC表示スマホ表示

GMOクリック証券

取り扱う投資信託は低コストなインデックスファンドとアクティブファンド。安定性とリスク、双方を取れる証券会社

GMOクリック証券のイメージ

GMOクリック証券ウェブサイトより

GMOクリック証券は、2017年3月25日より投資信託の取り扱いを開始する証券会社です。品ぞろえでこそ大手のネット証券にはかないませんが、低コストで長期の資産運用に向くインデックスファンドを取り扱うだけでなく、リスクを取って資産運用に取り組みたいという方向けに、比較的低いコストで運用ができるアクティブファンドが用意されています。

GMOクリック証券の投資信託ラインナップ

投資信託の取扱本数 (2017年3月現在)
日本株型 外国株型 国内債券 外国債券
バランス リート・その他
9本 11本 3本 4本 9本 7本
分類 代表的な商品
日本株型 ひふみプラスニッセイ日経225インデックスファンドなど
外国株型 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドなど
国内債券 iFree 日本債券インデックスなど
外国債券 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
バランス iFree 8資産バランス世界経済インデックスファンドなど
REIT eMAXIS 新興国リートインデックスなど

投資信託の取り扱い本数は全43本(2017年3月現在)と、他社と比較して少なめです。しかし、取り扱われる商品は買付手数料がすべて無料です。また、運用にかかるコストは『低コスト』なものばかりです。その商品ラインナップには、低いコストで運用ができるインデックスファンドだけでなく、アクティブファンドが含まれています。

一般的にアクティブファンドは手数料が高いと言われるのですが、GMOクリック証券では手数料が低いものが揃えられています(ひふみプラス:年1.0584%DIAMコア資産設計ファンド:年1.134%など)。低コストインデックスファンドで長期で運用をしつつ、アクティブファンドでリスクを取るといった運用もできそうです。

日本株アクティブファンドで人気の『ひふみプラス』を取り扱い!

GMOでは日本株を中心に運用をおこない、2012年の設定からのリターンが220%超というアクティブファンドひふみプラスを購入できます。ひふみプラスは、各種ファンドアワードを受賞する実力を持つ投資信託です。

積立投資のイメージ

関連記事

ひふみ投信・ひふみプラス、TOPIXを上回る成績を出すアクティブファンドの特徴を知る

少額からの投資もOK・NISAにも対応

投信積み立ては500円から

GMOクリック証券では、投資信託の積み立て投資はたったの500円から始められます。この金額は、SBI証券カブドットコム証券と同じクラスの低さです。『まずは少額から資産運用を始めたい!』と思っている方にはありがたい値段設定です。

NISAに対応

投資によって生まれた利益には約20%の税金がかかります。しかし、NISAを利用すると年間の投資額120万円までならば、投資によって生まれた利益にかかる税金は0%になります。GMOクリック証券では、このNISAに対応した証券口座を開くことができます。

積立投資のイメージ

関連記事

NISAで投資信託を運用しよう -  NISAと投資信託の上手な活用術

 ▶ GMOクリック証券の公式ページ

新規口座開設キャンペーン 抽選でAmazonギフト券プレゼント!

GMOクリック証券キャッシュバックキャンペーン

GMOクリック証券では、<口座開設>と<取引1回以上>を実施した方から抽選で63名様に、Amazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。GMOクリック証券は投資信託の取り扱いだけでなく株・FXなどマルチに利用できる証券会社です。抽選付きのキャンペーンなので当選は難しいかもしれませんが、GMOの口座開設時は当キャンペーンに応募してみてはいかがでしょうか。(5月31日まで)

※ サービスに変更がある場合もあります、最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

 ▶ GMOクリック証券の公式ページ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用