PC表示スマホ表示

イオン銀行

イオンを利用される方にありがたい『WAONポイントプレゼント』

イオン銀行公式サイトより

イオン銀行は、ショッピングモールなどを展開するイオン傘下の銀行です。預金サービスなどと合わせて投資信託の販売もおこなっています。

投資信託の取扱本数・主なラインナップ

日本株型 外国株型 国内債券 外国債券
33本 39本 11本 44本

※その他タイプの投資信託の取り扱いあり。

取り扱われる投資信託は、モーニングスター社が選出する『Fund of the Year2015』などにランクインする「フィデリティ・USリート」「グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド」などメジャーな投資信託のほか、「ひふみプラス」やインデックスファンド「Funds-i」などが250本超の投資信託が用意されています。

投資信託の積立は1,000円からできます

イオン銀行は、1,000円からの投信積立に対応しています。少額から投資をしたい方にもありがたい金額設定です。

イオンの各種サービスとの相性が高いサービス内容

イオングループの銀行ということもあり、イオン関連の優遇サービスが受けられるのが特徴です。

イオン銀行のNISA口座・ジュニアNISA口座で投信を購入すると、購入時手数料を【ワオン】で全額還元!

イオン銀行

イオン銀行公式サイトより

イオン銀行のNISA口座・ジュニアNISA口座で購入時手数料がかかる投信を購入すると、手数料をイオンなどで使えるワオンポイントで還元されるというものです。

 

例えば、イオン銀行には、最近TVなどで紹介されて、個人投資家の支持を集めるひふみ投信の姉妹ファンドひふみプラスの取り扱いがあります。この投信は証券会社によっては購入時手数料が無料(ノーロード)なのですが、イオン銀行では2.16%の購入時手数料がかかります

 

しかし、2017年12月末までの期間限定で、イオン銀行のNISA口座・ジュニアNISA口座での投資信託の購入時手数料が、100%ワオンで還元されます。このキャンペーンを活用することで、12月末までは投資信託の購入時手数料を無料にしつつ、ワオンポイントが受け取れます。

ネットでも実店舗でも利用できる

イオン銀行は、ネットでの取引もできますが、一部イオンモールにあるイオン銀行の実店舗でも相談ができます。ネットだけの取引では物足りないという方に向いています。

 ▶ イオン銀行の詳細をチェック


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用