PC表示スマホ表示

SBI証券のポイントプログラムを使おう

ポイントでキャッシュバック・商品、各種ポイントと交換しよう!

SBIポイントのイメージ

投資信託を保有するとSBIポイントが貯まる!

株の取引でもポイントが貯まるようになりました!

2016年4月より現物株やETFの月間売買手数料の1.1%がSBIポイントとして貯まるようになりました!投資信託と共にETFの取引をされている方には朗報ですね。

仮に月の取引手数料が600円だとすると、600円×1.1%=6.6ポイントなので、小数点以下切り上げで毎月7ポイントがもらえる計算になります。

SBI証券には、投信マイレージサービスというポイントプログラムがあります。これは、SBI証券で投資信託を保有するだけでもらえるポイントです。投資信託の保有額が少なくても、年0.1%のSBIポイントがもらえます。かりに、投資信託の月平均保有額が100万円で、それを1年間継続したと計算すると1,000円相当のポイントがもらえます。このポイントは取得から約3年間有効です。

仮に投資信託を100万円分保有していて、月の平均保有額が変わらなかった場合、1年後には・・・

100万円×0.1%=1,000円相当のポイント がもらえる計算になります。

※「EXE-i」など一部の商品は、ポイント対象外です。

投資信託の保有金額別ポイント付与率

  • 投信:月平均の保有額が1,000万円未満0.1%(年率)
  • 投信:月平均の保有額が1,000万円以上0.2%(年率)

SBIポイントが「現金」「商品」「マイル」などと交換できます

SBIポイントを貯めることで、「食品や日用品・雑貨」、「マイレージや電子マネーなどの各種ポイント」「現金」と交換することができます。

<食料品など>

最低でも540ポイントから交換ができます。

SBIポイントでもらえる食料品など

<ポイントなど>

SBIポイントからsuicaポイントTポイントnanacoポイントへの交換は、1:1で交換ができます。

SBIポイントと交換可能なポイント一覧

現金交換は 「住信SBIネット銀行」「SBIカード」でお得に!

SBIポイントの現金への交換もできます。現金の交換先を銀行にすると『1ポイント=0.8円 交換手数料165円』ですが、交換先を住信SBIネット銀行にすると『1ポイント=0.85円 交換手数料無料』で交換できます。

交換ポイント数が5,000ポイント以上の場合、SBIグループのクレジットカードSBIカードを利用すれば、『5,000ポイント=5,000円』、『10,000ポイント=12,000円』とさらにお得です。

住信SBIネット銀行は『ATM手数料が月2~15回まで無料』、『SBI証券との連携で預金金利が大手銀行の約15倍の0.015%』になるサービスが受けられます。詳しくはSBI証券・住信SBIネット銀行で手数料・金利をお得にをご覧ください。

  通常の現金交換 SBIカードを利用した現金交換
現金交換先 銀行など 住信SBIネット銀行 住信SBIネット銀行
交換レート 1ポイント=0.8円 1ポイント=0.85円 5,000ポイント=5,000円
(1ポイント=1円)
10,000ポイント=12,000円
(1ポイント=1.2円)
交換手数料 165円 0円 0円
交換単位 1,000ポイント以上
100ポイント単位
500ポイント以上
50ポイント単位
5,000ポイント 10,000ポイント

SBIポイントを現金に交換して投資信託の買付や、手数料の支払いにあてることも可能です。SBI証券で投資信託を運用する方なら、ポイントうまく活用したいですね!


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用