投資信託と株の違いは何ですか?

読者からのお悩み
読者からのお悩み

将来のために「投資信託」や「株」で資産運用をはじめたいと考えていますが、どちらに投資しようか迷っています。投資信託と株の違いや特徴を教えてください。

読者からのお悩み
読者からのお悩み

投資信託と株の違いは主に3つあります。

  • 商品の特徴
  • 投資に必要なお金
  • 手数料

それぞれの違いについて、かんたんに説明します。

商品の特徴について

投資信託は、複数の資産を組み合わせて作られたパッケージ型の商品です。例えば「自動車関連企業の投資信託」という商品があった場合、その投資信託の中にはトヨタやホンダなど、複数の自動車関連の株が含まれます。ですから、投資信託を1つ買うだけで、複数の株に分散投資できます。

また、投資信託には債券やREIT(不動産)に投資できる商品もあります。

投資に必要なお金について

株に投資するのに必要なお金はおよそ数万円~数十万円、対して投資信託は100円です。株で分散投資をしようとすると、大きな資金が必要ですが、投資信託であれば少額から分散投資ができます。

手数料について

株は購入時と売却時に手数料がかかるのに対し、投資信託は、購入時・保有中・売却時に手数料がかかります。(投資信託の中には、購入時・売却時に手数料がかからない商品もあります)

株に投資する場合、自分で銘柄を選ぶことになります。これに対して、投資信託は銘柄選びや運用をプロにおまかせできるため、保有中に手数料が発生するのです。

プロにおまかせして、こつこつ投資したい人には「投資信託」がおすすめです。
しっかり勉強して、こだわりをもって資産運用したい人には「株」をおすすめします。