投資信託の基礎2 - 投資信託の種類

インデックスファンド

先ほど紹介したバランスファンドは、「インデックスファンド」をいくつか組み合わせて構成されています。では、インデックスファンドとは、いったいどのようなファンドでしょうか?

インデックスファンドは『日経平均株価』などの株式指標と同じような動きをする

インデックスファンドは、『日経平均株価』や『NYダウ』などの株式指標(インデックス)と同じような値動きをするように作られた投資信託の1つです。

日経平均株価とインデックスファンドの比較

上の画像は、日経平均株価赤色)と、日経平均株価と連動するように作られた上場投資信託(投資信託の一種 青色)の価格推移をグラフ化しています。2つがだいたい同じように動いていることが分かります。

ここでは、日経平均を連動対象(ベンチマーク)としたインデックスファンドを例に出しましたが、この他にも『日本の株式:TOPIX連動型』、『海外の株式:NYダウ連動型』、『様々な資産に投資:バランス型』などさまざまな商品があります。

インデックスファンドの例(たわらノーロードシリーズより一部抜粋)

インデックスファンドの商品ラインナップ
※アセットマネジメントOne公式サイトより
インデックスファンドの主な投資対象
投資できる地域 投資できる商品
  • 日本
  • 海外(先進国)
  • 海外(新興国)
  • 全世界・・・など
  • 株式
  • 債券
  • REIT(不動産)
  • コモディティ(石油、農産物などの商品)
  • バランス(上記の複数組み合わせたもの)・・・など

インデックスファンドのメリット・デメリット

ここからは、インデックスファンドのメリットとデメリットについて見ていきます。

メリット①:市場の動きに手軽に投資できる

例えば『米国の株式市場に投資が好調なので、米国株に投資したい』という場合、NYダウなどを連動対象とした投資信託を持てば、米国株の成長に乗っかることができるのです。外国株の口座を開設して、有望な銘柄を探して投資するよりも、時間と手間もかかりませんし、投資信託を介して複数の銘柄に投資するので、リスク分散にもつながります。

メリット②:ファンドの保有時にかかるコストが低い

投資信託は購入時や保有時に手数料がかかってきます。インデックスファンドにもこの手数料がかかるのですが、インデックスファンドは株価指数に連動するというシンプルな作りのため、運用にかかる手数料が低く抑えられています。

こちらは18年5月現在、国内株式に投資する投資信託の中から、純資産総額が大きい商品の信託報酬を、アクティブ型とインデックス型で比較したものです。アクティブ型と比較して、インデックス型の信託報酬が低いことが分かると思います。

投資先 分類 信託報酬
日本成長株・ファンド アクティブ型 1.53%
JPMザ・ジャパン アクティブ型 1.7%
日経225ノーロードオープン インデックス型 0.27%
インデックスファンド225 インデックス型 0.52%

デメリット:運用成績は連動する指数とほぼ同じになる

インデックスファンドは、「市場の平均」である株価指数と連動するように作られた商品です。ですから、市場平均以上に儲けを求める場合には、インデックスファンドを保有することは向いていません。

インデックスファンドはどんな場面で使うのがおすすめ?

インデックスファンドは、先に紹介した通り、運用にかかるコストが低いことが特徴です。ですから、長期に渡る資産運用、例えば積立投資による資産形成イデコを利用した年金づくりなどに使われることが多いです。

インデックスファンドを選ぶポイント

それでは、インデックスファンドを選ぶときにどんな点に注意すればよいか確認しておきましょう。

ファンドに集まる資金の動向を確認

純資産総額の推移
※SBI証券公式サイトより

純資産総額はファンドに集まる資金です。投資信託は、顧客から集めた資金を元手に運用をします。この資金が集まらないと、投資信託の運用が止まってしまう(償還される)可能性もあります。ファンドを選ぶときには、純資産総額がおおむね右肩上がりに増えているかどうかチェックしましょう。この純資産総額は、証券会社の投資信託紹介ページなどで確認ができます。

運用にかかる手数料を確認する

信託報酬の画像
※SBI証券公式サイトより

投資信託は、購入時や運用時に手数料がかかります。特に運用時の費用『信託報酬(運用管理費用)』は、資産運用を続けている期間中ずっとかかるものです。ここの費用を忘れずにチェックしましょう。

インデックスファンドは、ネット証券を中心に多くの取り扱いがあります。証券会社ごとに取り扱う商品や本数が違います。以下で主要ネット証券のインデックスファンドの取り扱い本数や特徴をまとめました。

代表的なネット証券(2020年3月現在)
証券会社 インデックス
ファンド本数
特徴 公式ページ
SBI証券 420本超
  • 最低投資金額:100円~
  • スマホアプリ『かんたん積立』で、投信選びから運用まで手軽にできます
詳細
楽天証券 340本超
  • 最低投資金額:100円~
  • 楽天ポイントで投信が買えます
詳細
マネックス
証券
290本超
  • 最低投資金額:100円~
詳細
松井証券 230本超
  • 最低投資金額:100円~
  • 資産運用を手軽にできる『投信工房』が使えます
詳細
auカブコム
証券
180本超
  • 最低投資金額:100円~
詳細

代表的なインデックスファンドシリーズを紹介

インデックスファンドは、多くの種類があります。その中でも国内外のさまざまな指標をベンチマークとするインデックスファンドをシリーズ化したものが販売されています。ここでは代表的なファンドシリーズを紹介します。どのシリーズも低コストで運用できることが注目され、個人投資家の人気を集めるファンドも出てきています。

ここで紹介するシリーズの中でも、運用にかかるコストを重視する方に注目していただきたいのが『eMAXIS Slim』シリーズと、『購入・換金手数料なし』シリーズです。どちらも運用コストの引き下げに積極的で、業界最低水準の運用コストの商品を購入することができます。ネット証券の積立設定ランキングにおいても、どちらのシリーズも人気を集めています。

eMAXIS Slim・eMAXIS

『eMAXIS Slim』の画像
※三菱UFJ国際投信公式サイトより

eMAXIS』は、数あるインデックスファンドシリーズの中でも、老舗のシリーズです。シリーズ本数は計45本と、他のシリーズを圧倒するラインナップです(2018年現在)。

また、近年新たにラインナップに追加された『eMAXIS Slim』は、運用時にかかる手数料『信託報酬』を業界最低水準にすることを目指しています。

代表的な商品
投資地域 ファンド名(詳細ページ) 信託報酬 紹介ページ
(SBI証券)
国内 国内株式(TOPIX) 0.151% 詳細
海外(先進国) 先進国株式インデックス 0.106% 詳細

eMAXISシリーズの詳細

<購入・換金手数料なし>シリーズ

『<購入・換金手数料なし>シリーズ』
※ニッセイアセットマネジメント公式サイトより

【2019年5月23日更新】
<購入換金手数料なし>シリーズのうち、6本の信託報酬が6月27日より引き下げられます

購入・換金手数料なし』シリーズは、ファンドの購入時・換金時にかかる手数料が0円というメリットを前面に押し出したシリーズです。また、ファンドの運用時にかかるコストも、業界最低水準に設定されています。当シリーズにラインナップされているニッセイ外国株式インデックスファンドは、ネット証券会社の投資信託ランキングでは上位に食い込む人気があります。

代表的な商品
投資地域 ファンド名(詳細ページ) 信託報酬 紹介ページ
(SBI証券)
国内 ニッセイTOPIXインデックスファンド 0.151% 詳細
海外(先進国) 外国株式インデックスファンド 0.108% 詳細

<購入・換金手数料なし>シリーズの詳細

『たわらノーロード』シリーズ

『<購入・換金手数料なし>シリーズ』
※アセットマネジメントOne公式サイトより

『たわらノーロード』シリーズは、国内外の株式や債券・REITなどの基本的なインデックスファンドをそろえるほか、インデックスファンドを組み合わせて作るバランスファンドの種類も13本そろえるなど、豊富なラインナップが特徴です。

代表的な商品
投資地域 ファンド名(詳細ページ) 信託報酬 紹介ページ
(SBI証券)
国内 たわらノーロード TOPIX 0.183% 詳細
海外(先進国) たわらノーロード 先進国株式 0.216% 詳細

たわらノーロードシリーズの詳細

次のページでは、積極的に利益を追求するタイプの投資信託『アクティブファンド』の特徴や、メリット・デメリットについて見ていきます。