iDeCoで「パート収入103万円の壁」を130万円にアップできる?

お悩み

主婦です。パートの収入を増やすにあたってiDeCoへの加入を検討しています。現在、所得税を払う必要のない「103万の壁」を意識して働いているのですが、iDeCoを利用すると、最大130万円まで年収を増やしても所得税がかからないと聞きました。

この仕組みについてご教示いただけると幸いです。

回答

本来、「103万円の壁」を超えると、所得税を支払わなければなりません。しかし、iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)を使うと、130万円までパート収入をアップさせても、所得税がかからなくなります。iDeCoによる掛金控除がこの節税に関係していますので詳しくみていきましょう。

103万円の壁

年間103万円以上の収入で所得税を支払うことになります。これは、給与所得控除55万円と基礎控除48万円の合計が103万円となるからです。

逆に言えば、103万円の範囲内であれば、所得税を支払う必要はありません。

パートをしている主婦の方が、iDeCoを使うと最大でおよそ130万円まで所得税を払う必要がなくなります。これは、iDeCo掛金による新たな控除枠(小規模企業共済等掛金控除)を最大で27.6万円分つくることができるからです。

先ほどの103万円に27.6万円を足すと130.6万円となります。

iDeCo利用時の所得税控除枠

今回のケースのようなパートの方がiDeCoを利用する際の掛金は、最大で月23,000円(年間で27.6万円)となります。毎月の掛金を23,000円より少なくすると掛金控除も減るので、注意が必要です。

また、所得税はゼロでも、収入が106万円以上となることで、社会保険料を納めなければならなくなる場合があるので、その点も注意が必要です。一般的に「106万円の壁」と呼ばれるものです。

「106万円の壁」の適用条件

  • 労働時間が週20時間以上
  • 月収が88,000円以上
  • 勤務先の従業員が501人以上
  • 1年以上勤務する予定である
  • 学生ではない

「106万円の壁」が適用されない場合、収入が130万円を超えることで、社会保険に加入することになります。

iDeCoを正しく利用すれば、130万円の収入の方でも所得税をゼロにすることができます。節税をしつつ、将来にもしっかり備えられるメリットはとても大きいのではないでしょうか。