SBI証券で日経新聞を無料で読む裏ワザはありますか?

お悩み

楽天証券を使うと日経新聞が無料で読めると聞きました。同じように、SBI証券で日経新聞を無料で読む裏ワザはないのでしょうか?

回答

SBI証券に日経新聞を無料で読めるサービスはありません。日経新聞の記事を無料で読みたい方は、楽天証券に口座開設しましょう。
→楽天証券のキャンペーン

楽天証券に口座を作るだけで「日経テレコン(楽天証券版)」を利用できます。このサービスは、日経新聞だけでなく、日経産業新聞や日経MJも無料で読めます。

<日経テレコン(楽天証券版)の利用イメージ>
日経テレコン(楽天証券版)

また、2社以上の証券会社を利用すると、クレカ積立によって、よりお得に積立投資できる場合があります。証券会社のサービスを有効活用していきたい方には、SBI証券と楽天証券はどちらも口座開設されることをおすすめします。

口座開設される際は、ぜひキャンペーンをご利用ください。

楽天証券のキャンペーン

楽天証券
  • 楽天証券と楽天銀行を同時申込で口座開設する。(2022年11月7日まで)
    →楽天証券公式サイト
  • キャンペーンにエントリーする。
  • マネーブリッジ(自動入出金)の登録を完了させる。(2022年11月14日まで)
  • もれなく1,000円がもらえます。

約5分で申込み完了します。

※ サービス内容に変更がある場合もあります、最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

SBI証券のキャンペーン

SBI証券との限定タイアッププログラム

SBI証券のタイアッププログラム
  • SBI証券に新規口座開設する。※1
    (住信SBIネット銀行の口座がなければ、同時に申し込んでおきましょう)
  • 住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金の利用申込を完了させる。※2
  • SBI証券の口座に2万円以上入金して、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金に一括で自動振替する。※3
  • もれなく2,500円オリジナルレポートがもらえます。

※1 口座開設申し込み日の翌月20日までに、必要書類を提出して完了させる

※2 口座開設申し込み日の翌月最終営業日の前営業日まで

※3 口座開設申し込み日の翌月最終営業日まで

投信積立でポイントザクザクキャンペーン

投信積立でポイントザクザクキャンペーン
  1. SBI証券に口座開設する。
  2. キャンペーンにエントリーする。
  3. Tポイント、Pontaポイント、dポイントから貯めたいポイントを決めて設定する。
  4. 投信積立の新規設定または増額を月額平均1万円以上する。
  5. 最大50,000ポイントが抽選でもらえます。
    (2名に50,000ポイント、20名に10,000ポイント、2,000名に1,000ポイント、それ以外の全員にもれなく500ポイント

※期間は2022年10月31日までです。
※2022年8月1日~2022年9月30日に2022年のNISA・つみたてNISAの金融機関変更をされた方は、プレゼントのポイントが2倍になります。

【2人に1人必ず当たる】スマホで1,000円以上取引すると500円もらえるキャンペーン

【2人に1人必ず当たる】スマホで1,000円以上取引すると500円もらえるキャンペーン
  1. SBI証券に口座開設する。
  2. キャンペーンにエントリーする。
  3. スマホサイトから合計1,000円以上投資信託をスポット購入する。
  4. 2人に1人現金500円がもらえます。

※キャンペーン期間は「2022年10月3日~2022年10月31日」です。

約5分で申込み完了します。

サービスに変更がある場合もあります。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。