会社員の場合、つみたてNISAは年末調整が必要ですか?

お悩み

会社員がつみたてNISAを利用すると、年末調整でなにか記入しなければならないでしょうか。

回答

会社員の方がつみたてNISAを利用した場合に、年末調整で必要な記入はありません。つみたてNISAは税金の心配が一切ない制度ですので、税金関連の手続きである年末調整に影響することもありません。

年末調整は、その年に本来納税しなければならない税額を確定させて、払い過ぎていたのであれば差額の税金の還付を受ける制度です。(まれに、支払い額が足りずに追加で税金を納めることもあります)

一方で、つみたてNISAは少額投資の「非課税制度」です。

つみたてNISAの投資で発生した利益に対して、税金は一切かかりません。税金が一切かからないということは、会社員の方の給与などから発生する所得税などにも、影響を与えない制度と言えます。

所得控除の申告は必要ない?

つみたてNISAで投資した額は、所得控除になりません。生命保険やiDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)の掛け金とは異なります。

したがって、「つみたてNISAと年末調整はなにも関係がない」とシンプルに整理していただいて問題ありません。

つみたてNISAは年末調整に影響しないので、会社に提出する面倒な書類や手続きは一切ありません。難しい税金のことを気にせずに、安心して使っていただける制度です。