プロモーションを含みます。詳細

paypay銀行

PR

開く

ウェルスナビは手数料負けしますか?利回りはどれくらいですか?

お悩み

ウェルスナビの手数料は割高と聞きました。手数料負けするくらいの利益なのでしょうか。
実際の利回りはどれくらいですか?

回答

ウェルスナビの手数料は、年率1.1%(税込)です。低コストの投資信託と比べると割高ではありますが、手数料負けとなってしまうほどではありません。実際に利回りがどれくらいなのか計算してみました。
※現金部分を除く預かり資産への手数料。3,000万円を超える部分は年率0.55%(税込)。

ウェルスナビとは

ロボアドバイザーとよばれる資産運用のアドバイスや補助をしてくれるサービスです。ウェルスナビでは、投資に関するかんたんな質問に答えるだけで、自分に合った投資商品を診断でき、その後の資産運用をすべておまかせできます。

ウェルスナビでは、投資に関する質問に答えることで、資産運用プランを診断できます。資産運用プランは、5つ(リスク許容度1~5)があります。それぞれの平均的な利回りは、以下のとおりです。

<各資産運用プランの利回り>
資産運用プラン 利回り(年率)
リスク許容度1 6.60%
リスク許容度2 8.58%
リスク許容度3 9.98%
リスク許容度4 11.24%
リスク許容度5 11.71%

利回りの根拠は、ウェルスナビが公開している「運用パフォーマンス(円建て)」を年率換算した数値です。サービス開始日2016年1月19日~2024年2月29日のCAGR(年平均成長率)により算出しました。
(参考ページ:CAGR|やさしい株のはじめ方
(参考ページ:運用データ|ウェルスナビ

なお、直近は上げ相場が続いていましたので、あくまでも参考としてご覧ください。過去の実績は、将来の成果を保証するものではありません。

しかしながら、利回りを見ると、十分に利益が出る水準で運用されていることがわかります。手数料負けして損失となってしまうほどでもありません。実際2024年現在、どの運用プランも利益を出しています。

とはいえ、本当に利益が出せているのか気になる人もいるかと思います。当サイト管理人は、ウェルスナビを使った投資を実践しています。2018年にスタートして、これまでに2,786,879円の利益が出ています。

ウェルスナビの実績

ウェルスナビは、預かり資産が1兆2,000億円超※1、運用者数が38万人超※2となっており、多くの人に利用されています。
※1)2024年5月13日時点
※2)2023年9月30日時点

ウェルスナビの手数料は、年率1.1%と割高です。しかし、利回りは手数料負けしてしまうほどではありません。運用をすべてお任せしたい人にとっては、魅力的なサービスといえますのでぜひ検討してみてください。

ウェルスナビのキャンペーン

ウェルスナビのタイアップ特典

ウェルスナビのキャンペーン
  1. ウェルスナビにこちらのページから新規口座開設する。
  2. 口座開設日の翌々月末までに新規で資産運用を開始する。
  3. 口座開設日の翌々月末時点で10万円以上の残高がある。
  4. 資産運用を開始した日から、その翌々月末まで1度も出金依頼をしない。
  5. タイアップ特典として、もれなく現金1,000円プレゼント!

詳細のキャンペーン条件は、ウェルスナビ公式サイトで必ずご確認ください。

積立開始キャンペーン

ウェルスナビのキャンペーン
  1. ウェルスナビに口座開設する。
  2. 公式サイトでキャンペーンのエントリーをする。(初回積立を1か月目とした3か月目の末日まで)
  3. 3か月連続で自動積立をする。
  4. 初回積立を1か月目とした4か月目の末日まで1度も出金依頼をしない。
  5. 積立額に応じて、もれなく最大15,000円がプレゼントされます。

新規ご利用プログラム

ウェルスナビのキャンペーン
  1. ウェルスナビに口座開設する。
  2. キャンペーンのエントリーをする。
  3. 新規で資産運用を開始する。
  4. 口座へ合計50万円以上の入金をする。
  5. 対象期間中に1度も出金依頼をしない。
  6. 入金額とNISA口座の利用状況に応じて、もれなく最大5,000円がプレゼントされます。

※対象期間:初めて入金した日から6か月目の末日まで

詳細のキャンペーン条件は、ウェルスナビ公式サイトで必ずご確認ください。

FOLLOW

  • X(旧Twitter)
  • TikTok
  • Instagram
  • Threads
  • note