米国株と米国ETFの配当金について確定申告がめんどくさいです。

お悩み

楽天証券でつみたてNISAを満額していてまだ余力があるので、少額投資が可能なPayPay証券で米国個別株と米国ETFをいくつか買っています。

米国株と米国ETFには、配当金が出るものもあります。長期投資目的なので、売る予定はしばらくありません。めんどくさいですが、毎年確定申告をしなければ二重課税になりますよね?

回答

質問者様のおっしゃる通り、米国株・米国ETFから出る配当金については、確定申告をしなければ二重課税になります。“めんどくさい手続き”ですが、毎年しなければなりません。

二重課税と外国税額控除

米国株の配当に対する税金は、アメリカで10%が引かれた後に、日本でも20.315%が源泉徴収されます。しかし、確定申告をすることにより「外国税額控除」を受けられ、外国で課された税額は、日本の所得税や住民税から差し引けます。

なお、特定口座(源泉徴収あり)で取引されていれば、米国株についての確定申告は義務ではありません。

面倒だと思われるようでしたら、時間的コストと金銭的コストを天秤にかけて、手続きをしないで、二重課税を受け入れるのも1つの手ではあります。

米国株・米国ETFから出る配当金については、確定申告をして「外国税額控除」を受けなければ二重課税になります。「手続きがめんどくさい」と思われるようでしたら、二重課税を受け入れるのも1つの手です。

楽天証券

関連ページ

楽天証券

投資家から選ばれる理由を解説しています。

SBI証券

関連ページ

SBI証券

投資家から選ばれる理由を解説しています。