確定拠出年金で脱退一時金がもらえる裏ワザがあると聞きました。

お悩み

確定拠出年金には、脱退一時金という裏ワザのようなものがあると聞きました。受け取り方法を知りたいです。

前に勤めていた会社に企業型確定拠出年金があり、今はiDeCoに移してあります。現在、新しく就きたい職業のために学校へ通っていて、金銭的に余裕がないため、どうにかして解約したいです。

回答

確定拠出年金では、積み立てた資産を60歳になる前に途中で引き出すことが認められる例外的なケースがあります。これを「脱退一時金」といいます。ご存知ない方にとっては裏ワザのように感じるかもしれません。ただし、法令で決められた要件をすべてクリアする必要があります。

ご質問のケースではiDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)にご加入ですので、現時点で一時金の受け取りはできません。

しかし、今後なんらかの理由で加入資格を失った場合、脱退一時金を受け取れる可能性があります。iDeCoの脱退一時金を受け取るための条件は、以下のとおりです。

  • 60歳未満であること
  • 企業型確定拠出年金の加入者でないこと
  • iDeCoに加入できない者であること
  • 日本国籍を有する海外居住者(20歳以上60歳未満)でないこと
  • 障害給付金の受給権者でないこと
  • 「通算拠出期間が5年以内」または「個別管理資産が25万円以下」であること
  • 企業型確定拠出年金・iDeCoの資格を喪失してから2年以内であること

これらの条件をすべて満たせば、脱退一時金を受け取れます。

なお、2022年5月から、iDeCoの脱退一時金の条件が緩和されました。これまでは、国民年金の保険料免除者に限られていましたが、海外に居住して国民年金被保険者に該当しなくなった方も、条件を満たす場合には脱退一時金を受け取れるようになりました。

企業型確定拠出年金やiDeCoは、老後のための資産形成を応援するものです。したがって、現役世代への一時金については厳しい条件があります。基本的には「60歳までは受け取れないもの」という前提で運用を続けていきましょう。