新NISAに向けて含み損の特定口座はどうするのが良いですか?

投資信託やNISAのお悩み・ご相談は「Instagram」のDMにてお気軽にお寄せください。

お悩み

新NISAに向けて、特定口座で運用している投資信託をどうすればいいのか迷っています。
現在、含み損なのですが、売却して新NISAの資金にしてもいいのでしょうか。

回答

新NISAの生涯投資可能額は1,800万円で、年間の投資枠は、つみたて投資枠と成長投資枠を合わせて360万円です。この枠が余るようであれば、特定口座で運用している商品は、含み損の状態でも売却して、新NISAで買い直しするのが良いでしょう。
→新NISAの成長投資枠と積立投資枠の違いはなんですか?
→新NISAの成長投資枠とは【対象の銘柄/商品(米国ETFは?)】

利益に対する税金をゼロにできる

特定口座で持っている投資信託は、売却すると利益に対して20.315%の税金がかかります。しかしながら、含み損の状態であれば、売却の際に税金はかかりません。

また、長期の資産形成に向いている投資信託は、基本的に、右肩上がりで成長していくことが見込まれます。含み損分を巻き返せるチャンスは十分にありますし、新NISA口座で運用すれば、利益に対する税金はゼロにできます。

損失分は有効活用できる

特定口座で出した損失は、損益通算繰越控除を使うと有効活用できます。

損益通算は、同一年分の利益と損失を合算することです。複数の証券会社の特定口座で運用しており、一方の口座で利益が出て、他方の口座で損失が出ている時に、利益と損失を相殺できます。
繰越控除は、特定口座で出した損失を向こう3年の利益と相殺できる制度です。

双方とも確定申告の必要はありますが、利益に対しての税金を小さくできるので、ぜひご活用ください。

特定口座で運用している商品は、含み損の状態でも売却し、新NISAで買い直しするのが良いでしょう。税制優遇を受けられますし、長期で運用を続ければ、後々有利に働く可能性が高いです。