PC表示スマホ表示

楽天証券に口座開設すると日経新聞の記事が無料で読めます

楽天証券スマホアプリ『iSPEED』

楽天証券公式サイトより

楽天証券は「取引でポイントが貯まるサービス」が有名ですが、そのほかに「日経新聞の記事が無料で読める」サービスがあることを知っていますか?楽天証券に口座開設するだけで、無料日経新聞の記事を読むことができます

「日経新聞で投資に生かす情報をチェックしたい」、「日経新聞は気になるけれども、購読料が高くてなかなか手が出ない」といった人におすすめです。このページでは、日経新聞の記事が読めるサービスの概要や特徴、日経電子版との違いなどを紹介します。

サービスの概要

楽天証券には、口座開設者向けに新聞・業界紙などの情報をチェックできるビジネスデータベース「日経テレコン(楽天証券版)」が用意されています。その機能の1つが、日経新聞の記事閲覧サービスです。

日経テレコン画面

スマートフォンアプリやパソコンから、日経新聞の記事などを無料で読めます。

日経電子版との違いを比較

続いて、「日経テレコン(楽天証券版)」と、日経新聞が提供する「日経電子版」との違いを、料金面・機能面などから比較します。

料金の違い

日経テレコン
(楽天証券版)
日経電子版
無料 3,961円/月(税抜)

日経テレコン(楽天証券版)、最大のメリットは費用です。日経電子版が月額4,000円近い費用がかかるのに対して、日経テレコンならば無料で日経新聞の情報をチェックできます!

チェックできるコンテンツ

日経テレコン
(楽天証券版)
日経電子版
・日経新聞(朝刊・夕刊)
・日経産業新聞
(産業、企業情報紙)
・日経MJ
(マーケティング、消費関連情報紙)
・過去1年分の新聞記事検索
・日経速報ニュース
・日経新聞(朝刊・夕刊)
・日経電子版オリジナルコンテンツ
・2010年以降の新聞記事検索
・日経速報ニュース

日経テレコン(楽天証券版)は、日経新聞だけでなく、日経産業新聞・日経MJの2紙の電子版を無料でチェックできます。日経電子版に2紙をセットする場合、日経産業新聞が+1,414円、日経MJが+943円(それぞれ税抜)が必要です。

日経産業新聞は、産業や企業の情報を豊富に扱う新聞です。日経MJは、日経新聞の企業面・消費面のボリュームを増やした新聞です。日経新聞の紙面は政治経済など、ちょっとお堅い感じがある紙面ですが、日経産業新聞・日経MJは日経新聞よりも読みやすい紙面です。

特に日経MJは世間で人気の商品に迫る記事や、食・ファッションなどの記事が多く、新聞が苦手な方でも読みやすい内容です。雑誌のような感覚で新聞を読むのも良いでしょう。

紙面ビュワーのあり・なし

日経テレコン
楽天証券版
日経電子版
なし
(ただし紙面の一部をPDFでダウンロードできる)
あり

紙面ビュワーは、スマートフォンやタブレットの画面で、新聞一面を見ることができる機能です。実際の紙面を見る感覚で記事がチェックできます。

日経電子版アプリ画面App store公式サイトより

日経テレコンには紙面ビュワーの機能がありません。記事の内容は、ネットのニュース記事のようなテキスト形式でチェックできます。

日経テレコン画面

ただし、新聞記事の画像をPDF化したファイルがありますので、紙面感覚で記事を読みたい人は、そちらを利用しましょう。

日経テレコン画面

過去の朝刊・夕刊のチェックできる期間

日経テレコン
楽天証券版
日経電子版
過去3日分 過去30日分

どちらも過去の朝刊・夕刊の記事をチェックすることができます。日経電子版(紙面ビュワー)の場合は過去30日分までさかのぼれますが、日経テレコンの場合は過去3日分に限定されています。

以上のように、日経テレコン(楽天証券版)は、機能で日経電子版に負けますが、費用面では圧倒的に有利です。

日経新聞の記事を無料で読む手順

1. 楽天証券の口座開設

楽天証券の口座開設は無料です。口座の維持費もかかりません。

2. 新聞記事を読むためのアプリを用意する

口座開設が完了したら、アプリの用意をしましょう。スマートフォンの場合は、スマホアプリ「iSPEED(アイスピード)」を、パソコンの場合は「マーケットスピード」を用意します。どちらも楽天証券のページからダウンロードできます。

楽天証券トップページ

3. アプリにログインして「日経テレコン」にアクセスする

アプリを起動し、ログインが完了したらメニュー画面を開いて日経テレコンに進みます。利用規約に同意すると、日経新聞の記事などを読むことができます。※下の画像は、スマホアプリ「iSPEED(アイスピード)」の利用イメージです。

アプリ画面

楽天証券公式サイトより

日経新聞の購読料を節約できる!お得に情報を手に入れたい人におすすめ

日経テレコン(楽天証券版)は、日経電子版と比較すると機能面で見劣りする点もありますが、無料で日経の記事を読める大きなメリットがあります。日経電子版は月3,961円、宅配プラス電子版の場合は、宅配料金+926円(それぞれ税抜)の費用がかかります。

無料で記事をチェックするためには楽天証券の口座開設が必要ですが、毎月費用がかかるものを、無料でチェックできるメリットを考えると、その手間を惜しむのはもったいないです。

楽天証券のキャンペーン

楽天証券では、口座開設キャンペーンなどを開催しています。合わせて活用することをおすすめします。

楽天証券のマネーブリッジキャンペーン

  1. 楽天証券と楽天銀行の入出金設定でもれなく1,000円
  2. 1.楽天証券楽天銀行両方の口座を開設する(2020年1月31日まで)
  3. 2.楽天銀行と楽天証券の連携後、楽天証券のキャンペーンページよりエントリーを完了させると1,000円プレゼント(2020年2月14日まで)

・このほか、FX口座の新規開設+取引で最大100,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも同時開催中です。

楽天証券のハッピープログラム

関連記事

楽天「証券・銀行」を相互に利用して「ポイント還元」「ATM手数料の優遇」「預金金利up」!


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用