住信SBIネット銀行とSBI新生銀行は両方を利用する意味ありますか?

お悩み

SBI証券で口座を開設しようと思います。
SBI証券に口座連携できる銀行として、住信SBIネット銀行とSBI新生銀行があるようですが、両方を利用する意味ありますか?

回答

住信SBIネット銀行とSBI新生銀行は、それぞれ利点が異なるので、両方を利用する意味はあるでしょう。しかし、SBI証券と口座連携できるのは、どちらか一方です。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、目的ごとに口座を分けて管理でき、目的別口座に自動振替する設定もできるため、自動貯金ができて大変便利です。

SBI新生銀行

SBI新生銀行は、住信SBIネット銀行よりも定期預金金利が高く設定されています。また、住信SBIネット銀行のATM手数料の無料回数に制限があるのに対し、SBI新生銀行は、回数制限なしにできます。

SBI証券と連携させるなら

SBI証券に口座連携できるのはどちらか一方の銀行口座です。SBI新生銀行は、SBI証券と口座連携すると0.1%に金利が優遇されます。また、ネットでの他行宛振込手数料月50回まで無料にできるうれしい特典もあります。しかし、SBI証券には、投資信託の積立投資分の入金しかできません。

住信SBIネット銀行の場合、SBIハイブリッド預金の残高は、SBI証券の買付余力に反映されるので、購入できる商品に制限はありません。外貨出金サービス米ドル定期自動入金サービスも利用できるので、米国株・米国ETFの購入をしたい人と相性が良いでしょう。

<住信SBIネット銀行とSBI新生銀行の比較>
比較項目 住信SBIネット銀行 SBI新生銀行
サービス名 SBIハイブリッド
預金
SBI新生コネクト
連携後
の金利
0.01% 0.1%
SBI証券
への入金
SBI証券の買付
余力に反映
投信積立分の
入金のみ
連携後に
使える
サービス
外貨出金
サービス
米ドル定期自動
入金サービス
ネットでの
他行宛振込
手数料
月50回まで無料

※2023年9月28日までは0.2%

住信SBIネット銀行とSBI新生銀行の両方使うことも選択肢の1つです。住信SBIネット銀行は、SBI証券の口座を連携し、ATMの利用は、回数制限のないSBI新生銀行といったような使い分けもできるでしょう。