プロモーションを含みます。詳細

paypay銀行

PR

開く

インド株の投資信託の中でおすすめはどれですか?【低コスト・SBI証券】

お悩み

インド株の投資信託を検討しています。
どの投資信託を買うべきでしょうか?
できれば、低コストで、SBI証券で買えるものが良いです。
おすすめの投資信託があれば教えてください。

回答

インド株をテーマにした投資信託の中では、インデックスファンドは「サクっとインド株式」や「iFreeNEXT インド株インデックス」がおすすめです。アクティブファンドは「iTrustインド株式」がおすすめです。

3つの投資信託はSBI証券で買えるので、ぜひ検討してみてください。

<おすすめのインド株の投資信託>
銘柄名 主な特徴
サクっとインド株式 SENSEX指数※1に連動する投資成果を目指す
iFreeNEXT インド株インデックス Nifty50指数※2に連動する投資成果を目指す
iTrustインド株式 中長期的に成長が期待できるインド企業へ投資するアクティブファンド

※1)ボンベイ証券取引所に上場する株式(30銘柄)から構成

※2)インドのナショナル証券取引所に上場する株式(50銘柄)構成

3つの投資信託を、次の3点で比較します。

  • 信託報酬と純資産総額
  • トータルリターン
  • 新NISAで投資できるか

信託報酬と純資産総額

各投資信託の信託報酬と総資産総額は以下のとおりです。

<信託報酬と純資産総額の比較>
銘柄名 信託報酬 純資産総額
サクっとインド株式 0.4638% 509億円
iFreeNEXT インド株インデックス 0.473% 1,204億円
iTrustインド株式 0.9828% 326億円

最も低コストで投資できる投資信託は「サクっとインド株式」です。一方、純資産総額が一番大きいのは「iFreeNEXT インド株インデックス」です。

もっと低コストの投資信託が楽天証券で買えます!

楽天証券で買える投資信託「楽天・インド株Nifty50インデックス・ファンド」は、信託報酬は0.308%と極めて低コストでインド株式に投資できます。2024年4月に設定されたばかりのファンドですが、すでに純資産総額は70億を超えている注目の投資信託です。

「楽天・インド株Nifty50インデックス・ファンド」は楽天証券で購入できます。低コストであることを重視する人は、楽天証券での購入を検討してみてください!

→楽天証券

トータルリターン

各投資信託のトータルリターンは以下のとおりです。

<トータルリターンの比較>
銘柄名 トータルリターン
6か月 1年
サクっとインド株式 18.62% -
iFreeNEXT インド株インデックス 22.95% 41.91%
iTrustインド株式 26.25% 52.01%

(2024年5月現在)

新NISAに投資できるか

<新NISA対象銘柄の比較>
銘柄名 つみたて投資枠 成長投資枠
サクっとインド株式 - 〇
iFreeNEXT インド株インデックス - 〇
iTrustインド株式 〇 〇

インド株式をテーマにした投資信託のほとんどは、新NISAの成長投資枠で成長投資枠でしか投資できません。ですが「iTrustインド株式」はつみたて投資枠でも投資できます。

SENSEX指数に投資をしたい人は「サクっとインド株式」、Nifty50指数に投資したい人は「iFreeNEXT インド株インデックス」がおすすめです。新興国ならではのリスクも考慮し、銘柄1つ1つを選定してもらいたい人は「iTrustインド株式」が向いているでしょう。

また、同じ商品であっても、証券会社によってポイント付与率が違います。ポイント還元を重視する人は、保有残高に応じてもらえる「ポイント付与率」を比較して選んでもいいでしょう。

紹介した3つの投資信託のうち、「iFreeNEXT インド株インデックス」、「iTrustインド株式」は、SBI証券だけでなく松井証券でも取り扱っています。

<ポイント付与率の比較>
銘柄名 松井証券 SBI証券
サクっとインド株式 - 0.22%
iFreeNEXT インド株インデックス 0.18% 0.05%
iTrustインド株式 0.3% 0.1%

※月間平均保有金額が1,000万円以上の場合「0.2%」

2つの商品はどちらも、SBI証券で購入するより松井証券で購入するほうが、3倍も多くポイントが還元されるのです。

SBI証券で買えるインド株の投資信託の中では、「サクっとインド株式」、「iFreeNEXT インド株インデックス」、「iTrustインド株式」がおすすめです。

楽天証券

関連ページ

楽天証券

投資家から選ばれる理由を解説しています。

SBI証券

関連ページ

SBI証券

投資家から選ばれる理由を解説しています。

FOLLOW

  • X(旧Twitter)
  • TikTok
  • Instagram
  • Threads
  • note