つみたてNISAと特定口座の併用はアリですか?【余裕資金100万円】

お悩み

つみたてNISAと特定口座を併用しようか迷っています。

現在、余裕資金が100万円あります。つみたてNISAで40万円分、特定口座で60万円分を投資すれば、今年中に使い切れるため機会損失を抑えられると思っています。ただ、非課税となるメリットを考えれば複数年に分けてでも、つみたてNISAだけで投資したほうが良いのかとも考えています。

  • つみたてNISAと特定口座の併用
  • つみたてNISAのみ使用

どちらが良いと思いますか?

回答

つみたてNISA(積立NISA)をお考えということであれば、「特定口座との併用」よりも「つみたてNISAのみ使用」をおすすめします。理由は、今年中に100万円を使い切って機会損失を抑えられるメリットよりも、将来的な非課税のメリットを選ぶほうが手堅いからです。

つみたてNISAの1年間の非課税投資枠は40万円ですので、余裕資金の100万円は3年程度で使い切れます。急いで今年中に100万円すべてを使って、約3年後までの機会損失を抑えたとしても長期投資をする上では、それほど大きなメリットが得られないこともあります。

たとえば、余裕資金の100万円を今年中に特定口座も併用して使い切った途端に、マーケット環境が大きく悪化するかもしれません。その場合は大きな損失を抱えてしまいます。必ずしも「今年中に余裕資金を使い切れば、得られる利益が大きくなる」というわけではないのです。

対して、つみたてNISAで得られた利益が非課税になることは、確実なメリットです。

したがって、今お持ちの余裕資金は、長期の視点に立って、淡々とつみたてNISAで使い切ると良いでしょう。

余裕資金があると、さまざまな選択肢を考えられるので、自分にとって何がベストの方法かは悩ましい問題です。そういった場合は、基本に戻って「つみたてNISAをできるだけ長期で続ける」というシンプルな考え方をしてみてはいかがでしょうか。

SBI証券

関連ページ

SBI証券

投資家から選ばれる理由を解説しています。

楽天証券

関連ページ

楽天証券

投資家から選ばれる理由を解説しています。