つみたてNISA口座開設で税務署の審査が遅いため、じれったいです。

お悩み

SBI証券でつみたてNISA口座開設の申し込みをしたのですが、税務署の審査が遅いため、じれったいです。どうやら審査中でも、つみたてNISAで取引できるらしいのですが、注意すべきことはありますか?

回答

SBI証券では、税務署への審査前につみたてNISA(積立NISA)での取引が可能となる「仮開設制度(簡易NISA口座開設)」があります。ただし、すでにほかの金融機関でNISAまたはつみたてNISAの口座を開設している場合は、SBI証券で開設したつみたてNISAの口座が無効となるため注意が必要です。

税務署審査前にnisa取引可能
SBI証券公式サイトより引用

この仮開設制度は、今現在どの金融機関にもNISAまたはつみたてNISA口座を保有していない方が利用できる制度です。すでにSBI証券以外の金融機関でNISAまたはつみたてNISAの口座を開設している場合、仮開設制度は利用できません。

他社でNISA口座を開設している方は、現在NISA口座を開設している金融機関に対して、新しい金融機関(SBI証券)にNISA口座を変更したい旨を伝え、所定の手続きを行う必要があります。

もし、うっかり他の金融機関にNISAまたはつみたてNISA口座があるにもかかわらず、この仮開設制度を利用して取引を行ってしまうと、SBI証券でのつみたてNISA口座は無効となります。

行った取引に対してご自身での確定申告が必要になる可能性があるなど、事後処理が複雑になりますので注意が必要です。

SBI証券では、「長期投資は少しでも早く始めた方が良い」というコンセプトに沿って、このような良い制度があります。ご自身の他の金融機関での口座状況を事前にしっかりと確認した上で問題なければ、ぜひご活用ください。

→SBI証券との限定タイアッププログラム