プロモーションを含みます。詳細

paypay銀行

PR

開く

日経など新聞代の値上げ一覧2023→2024【購読料の比較📰夕刊いらない】

日経新聞の記事を無料で読む方法

歴史的なインフレによる影響で、2023年は多くの新聞が値上げをしています。このページでは、「2023年の新聞の値上げ情報一覧」や「日経新聞を朝刊のみの購読へ変更する方法」など紹介しています。

新聞代の値上げ一覧2023→2024【購読料の比較】

歴史的なインフレによる影響で、2023年は多くの新聞が値上げをしました。「ただでさえ物価高で節約したいのに。もう契約をやめたい。解約したい。」との声も上がっているようです。

2023年の新聞(全国紙)の値上げ情報一覧は、以下の通りです。

<2023年に値上げした新聞(全国紙)>
新聞
(改定日)
プラン 改定前 改定後
朝日新聞
(5月1日)
月極
(セット)
4,400円 4,900円
月極
(統合)
3,500円 4,000円
1部(朝刊) 160円 180円
1部(夕刊) 60円 70円
毎日新聞
(6月1日)
月極
(セット)
4,300円 4,900円
月極
(統合)
3,400円 4,000円
1部(朝刊) 150円 160円
1部(夕刊) 50円 50円
日経新聞
(7月1日)
月極
(セット)
4,900円 5,500円
月極
(朝刊のみ)
4,000円 4,800円
1部(朝刊) 180円 200円
1部(夕刊) 70円 100円
産経新聞
(8月1日)
月極
(セット)
4,400円 4,900円
月極
(統合)
3,400円 3,900円
1部(朝刊) 120円 140円
1部(夕刊) 65円 70円
新聞
(改定日)
プラン 改定前 改定後
読売新聞
(改定なし)
月極
(セット)
4,400円 -
月極
(朝刊のみ)
3,400円 -
1部(朝刊) 150円 -
1部(夕刊) 50円 -

全国紙5つのうち値上げをしなかったのは、読売新聞のみとなっています。

日経新聞の値上げ【朝刊1部売りは200円に】

日本経済新聞社は、2023年7月1日から日経新聞の料金を以下のように値上げしました。

<日経新聞の値上げ>
料金プラン 値上げ前 値上げ後
月極購読
(朝・夕刊セット)
4,900円 5,500円
月極購読
(朝刊のみ)
4,000円 4,800円
1部売り(朝刊) 180円 200円
1部売り(夕刊) 70円 100円

2023年6月まで、日経新聞の購読料金は、配達先の地域により異なっていました。1日2回に分けて届けられる「朝・夕刊セット版地域」と、朝刊のみで届けられる「全日版地域」です。

<セット版・全日版の地域>
朝・夕刊セット版地域 全日版地域
茨城県、埼玉県、
千葉県、東京都、
神奈川県、山梨県、
岐阜県、静岡県、
愛知県、三重県、
滋賀県、京都府、
大阪府、兵庫県、
奈良県、和歌山県、
山口県、福岡県
北海道、青森県、
岩手県、宮城県、
秋田県、山形県、
福島県、栃木県、
群馬県、新潟県、
富山県、石川県、
福井県、長野県、
鳥取県、島根県、
岡山県、広島県、
徳島県、香川県、
愛媛県、高知県、
佐賀県、長崎県、
熊本県、大分県、
宮崎県、鹿児島県、
沖縄県

※一部、全日版地域となる場合があります。

しかし、2023年7月1日からは、「朝刊・夕刊のセット」と「朝刊のみ」を選べるようになりました。ただし、旧全日版地域は、引き続き「朝刊のみ」です。

朝刊のみの購読への変更【夕刊いらない】

現在、日経新聞を購読中の人も「朝刊・夕刊セット」から「朝刊のみ」に変更できます。「夕刊はいらないな」と感じている人は検討してみると良いでしょう。

日経ID決済で購読料を支払っている場合、パソコンまたはアプリから変更できます。

  1. 日経電子版(パソコン版)の画面右上にある『ログイン』ボタンをクリックする。
  2. 日経IDとパスワードを入力し、『会員ステータス』を押す。
  3. ご契約内容の確認・変更』をクリックする。
  4. 「日本経済新聞(宅配)」の画面で『朝刊・夕刊から朝刊のみへ変更』を選択する。

次のいずれかで購読料を支払っている場合は、新聞販売店に直接依頼することで変更できます。

  • 販売店集金
  • 銀行引き落とし
  • 販売店のクレジットカード契約

手続き・依頼の翌月の配達分から、「朝刊・夕刊セット」が「朝刊のみ」に変更されます。

日経テレコン(楽天証券版)

日経新聞の記事を無料で読む方法
出典:楽天証券

楽天証券には「日経テレコン(楽天証券版)」というサービスがあり、アプリを使って日経新聞の記事が読めます。「日経テレコン(楽天証券版)」は、楽天証券の口座さえあれば無条件で利用できます。なお、楽天証券の口座は、開設費用・維持手数料など一切かかりません。

また、日経テレコン(楽天証券版)では、日経新聞以外のメディアも閲覧できます。

【日経テレコン(楽天証券版)の収録媒体】

  • 日経新聞(朝刊)
  • 日経新聞(夕刊)
  • 日経産業新聞
  • 日経MJ(流通新聞)
  • 日経プラスワン など

日経テレコン(楽天証券版)は、楽天証券の口座さえあれば使えるサービスなので、まずは、お試し感覚で使ってみるのも良いでしょう。

以下のキャンペーンを利用して楽天証券の口座開設をすれば、もれなく現金がプレゼントされます。

楽天証券のキャンペーン

楽天証券と楽天銀行の入出金設定でもれなく1,000円

楽天証券
  1. 楽天証券と楽天銀行を同時申込で口座開設する。(2024年8月30日まで)
    →楽天証券公式サイト
  2. キャンペーンにエントリーする。
    楽天証券の申し込みページで口座開設をしてから、キャンペーンページでエントリーが必要です。)
  3. マネーブリッジ(自動入出金)の登録を完了させる。(2024年9月30日まで)
  4. もれなく現金1,000円がプレゼントされます。
  5. 楽天銀行口座に5,000円以上の入金をする。(2024年9月30日まで)
  6. 抽選で最大10万円があたります。

約5分で申込み完了します。

※サービス内容に変更がある場合もあります。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

歴史的なインフレの影響により、2023年は日経新聞・朝日新聞など多くの新聞が値上げをしました。なお、日経新聞を購読中の人は「朝刊・夕刊セット」から「朝刊のみ」に変更できるようになりました。「夕刊はいらないな」と感じている人は検討してみると良いでしょう。

また、楽天証券には「日経テレコン(楽天証券版)」というサービスがあり、アプリを使って日経新聞の記事を読めるので、ぜひお試しください。
→楽天証券で口座開設(無料)

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積立投資、新NISAやiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。

FOLLOW

  • X(旧Twitter)
  • TikTok
  • Instagram
  • Threads
  • note