ソフトバンク公募ハイブリッド社債【2021】

カテゴリー:ニュース・その他
最終更新日 : 2021年05月21日
ソフトバンクのイメージ

2021年5月に、大手通信会社ソフトバンクグループから「公募ハイブリッド社債」の発行が発表されました。大手ネット証券のSBI証券でキャンペーン対象債券となるなど日を追うごとに注目度が高まっています。この話題となっているソフトバンク社債について、その内容をご紹介します!

ソフトバンク『公募ハイブリッド社債』の内容

ハイブリッド社債とは、株式と社債の両方の性質を持っている社債のことです。今回のソフトバンクが発行するハイブリッド社債においては、社債の機能(利払い、償還など)はそのままですが、債務の返済順位は「普通社債」より下で、「普通株式」より上に位置します。

これは、もし今後ソフトバンクが倒産した場合、債券の保有者よりもお金の返済順位が低く、最悪お金(元金)が“1円も返ってこないかもしれない。でも、株を持っている投資家よりお金が帰ってくる可能性は高い”ということです。ただし、普通社債よりリスクを取っているぶん金利は高くなっています

申込期間 2021年6月4日から6月18日まで
発行総額 4,050億円(4,050億円÷100万円=40.5万口)
社債金額 100万円
当初利率(仮条件) 年2.45%~3.05%(税引前)
※2021年6月3日に決定予定
償還期限 2056年6月21日(35年満期)
期限前償還 2026年6月21日、および以降の各利払い日に、ソフトバンクグループの意思で繰り上げ償還される(満期前に元金を返される)ことがあります。
利払日 毎年6月21日、12月21日
払込期日 2021年6月21日

今は、銀行預金の金利はほぼ0%になっています。そのような中で、この3%近い金利はとても魅力的に思えます。

ソフトバンクグループは、携帯電話事業が毎月安定収入を生むドル箱になっており、これだけに集中すれば財務の安全性はピカイチです。ただ、社長の孫さんはソフトバンクグループを世界一の企業にするため、現状に満足することなく、積極的に新規事業にも取り組んでいます。

今回発行される社債は、SBI証券のキャンペーン対象債券となっているため、そのお得なキャンペーンを紹介します。

SBI証券のキャンペーン

600万口座達成記念 債券大感謝祭!

600万口座達成記念 債券大感謝祭!
  • SBI証券に口座開設する。
  • キャンペーン対象債券を購入する。(2021年7月下旬まで)
  • 現金10,000円が抽選でもらえます。

完売となり次第終了となるので、早めの口座開設をおすすめします!
※ソフトバンクグループ株式会社 第5回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)

SBI証券との限定タイアッププログラム

SBI証券のタイアッププログラム
  • SBI証券に新規口座開設する。※1
    (住信SBIネット銀行の口座がなければ、同時に申し込んでおきましょう)
  • 住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金の利用申込を完了させる。※2
  • SBI証券の口座に2万円以上入金して、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金に一括で自動振替する。
  • もれなく2,500円オリジナルレポートがもらえます。

※1 口座開設申し込み日の翌月20日までに、必要書類を提出して完了させる

※2 口座開設申し込み日の翌月最終営業日の前営業日まで

約5分で申込み完了します。

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積立投資、つみたてNISAiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。