「fund eye Plus」で、かんたんにリバランスのタイミングを診断!

カテゴリー:ロボアドバイザー
最終更新日 : 2020年03月10日
『fund eye』利用イメージ

投資信託を効率よく運用するには、定期的な確認、見直しが必要です。しかし、いちいち証券会社のウェブサイトにログインして、運用状況を確認するのは面倒ですよね。忙しくて、なかなか見直しできない!という人も多いと思います。

そこでおすすめなのが、「fund eye Plus」です。
SMBC日興証券に口座開設すると、無料で使えるツールで、「理想的な資産配分」と「現在の資産配分」との一致度を、メールやLINEで通知してくれます。

  • 運用状況の把握
  • 資産配分の計算
  • メンテナンスするべきかの分析

このような面倒でストレスになる作業を、fund eye Plusですべて自動化してみましょう!

fund eye Plus」とは

SMBC日興証券が提供しているポートフォリオ分析ツールです。SMBC日興証券では、すでに「fund eye」がリリースされていますが、新しく通知機能などが搭載された「fund eye Plus」がリリースされました。「fund eye」は誰でも使えますが、「fund eye Plus」はSMBC日興証券ダイレクトコースに口座開設している人だけが使えるサービスです。

fund eye Plusを使いたい人は、SMBC日興証券に口座開設しましょう。

「fund eye」と「fund eye Plus」の違い

「fund eye Plus」は、通常の「fund eye」をさらに便利にしたサービスです。

  • 投資信託の選び方
  • リバランス診断

「fund eye」では、毎回「fund eye」のウェブサイトにアクセスしてリバランス診断していましたが、fund eye Plusではリバランス診断が自動化され、必要なタイミングでメールなどで通知してくれるようになりました。

SMBC日興証券の口座にある投資信託は自動で連携されるので、「運用状況の把握」や「資産配分の計算」をする必要がありません。
なお、他の証券会社にある投資信託も、初期設定のときに入力しておくと、全部含めてリバランス診断してもらえるので、安心してください。

つまりfund eye Plusを使えば、普段、投資信託のことなど忘れて生活していても、効果的なタイミングでリバランスできるということです!

fund eye Plus」の使い方

それではさっそくfund eye Plusの具体的な使い方をご紹介します。

まずは、SMBC日興証券のオンライントレードにログインして、「投資情報画面」にあるfund eye Plusのリンクをクリックします。

『fund eye Plus』利用イメージ
SMBC日興証券公式サイトより

次に、6つのかんたんな質問に答えます。
すると、すぐに診断結果として、投資スタイルの判定が表示されます。もし、投資スタイルの判定に納得いかなくても、自分で変更できます。

『fund eye Plus』利用イメージ
SMBC日興証券公式サイトより
『fund eye Plus』利用イメージ
SMBC日興証券公式サイトより

診断結果画面の「保有投資信託一覧」には、SMBC日興証券で持っている投資信託が自動で連携されます。

他社でも投資信託を持っている人は「他社保有分を入力する」をクリックして、登録しましょう。SMBC日興証券で取り扱っていない投資信託でも、約5,000銘柄の中から選んで登録できるのは、ありがたいですね。

『fund eye Plus』利用イメージ
SMBC日興証券公式サイトより

理想的なポートフォリオに近づける」をクリックすれば、リバランス条件の設定に進めます。ちなみにポートフォリオとは、投資信託の組み合わせのことです。

『fund eye Plus』利用イメージ
SMBC日興証券公式サイトより
『fund eye Plus』利用イメージ
SMBC日興証券公式サイトより

リバランス条件の設定

リバランス条件は、4つの質問に答えて設定します。

【1問目】追加購入資金はありますか?

追加購入資金の金額を入力します。

【2問目】保有投資信託を一部売却し、購入資金に充当しますか?

保有投資信託の一部売却には、利益に対して約20%の税金がかかります。余計な税金を払いたくなければ「いいえ」を選びましょう。

【3問目】リバランスで購入する投資信託は1銘柄としますか?

迷う人は「いいえ」を選びましょう。1銘柄より、2銘柄以上を買うことにしたほうが、コストの低い投資信託でリバランスできるからです。コストが低いということは、その分利益が大きくなるということですね。

【4問目】リバランスする投資信託で重視するのはどちらですか?

迷う人は「保有コストが低い」を選んだほうが無難です。「保有コストが低い」ことは、その分確実に利益を大きくしてくれます。対して、「効率の良い運用」は、利益が大きくなるかもしれない、ということです。「効率の良い運用」を選ぶと、保有コストが高い投資信託でリバランスすることになります。

質問に答え終わると、リバランスが提案されます。

購入する投資信託、売却する投資信の金額は、それぞれ入力金額合計の範囲で変えられます。

『fund eye Plus』利用イメージ
SMBC日興証券公式サイトより
『fund eye Plus』利用イメージ
SMBC日興証券公式サイトより

通知の設定

「銘柄入替通知設定」という画面で、いよいよ通知の設定をします。「理想的な資産配分」と「現在の資産配分」との一致度を、メールやLINEで通知してもらえるようになるfund eye Plus最大のメリットです。

『fund eye Plus』利用イメージ
SMBC日興証券公式サイトより

通知の受け取りは、次のように設定できます。

  • 「定期的な通知」を受け取る
  • 「条件による通知」を受け取る
  • 「定期的な通知」も「条件による通知」も受け取る

また、通知方法は、次のように設定できます。

  • 「メール」
  • 「LINEプッシュ通知」
  • 「ルール」と「LINEプッシュ通知」の両方

設定を確定すれば、そのとおりに通知を配信してもらえるようになります。これで面倒なリバランス作業から解放されますね!

まとめ

SMBC日興証券に口座開設すれば、便利なサポートツール「fund eye Plus」を使えます。

fund eye Plusの使い方は、かんたんな質問に答えて、通知の受け取り方を設定するだけです。リバランス条件の設定をするときの質問は少し迷うかもしれませんが、このページに書いたとおりに答えれば問題ありません。

  1. ログインして、6つのかんたんな質問に答える
  2. リバランス条件の設定
  3. 通知の設定

たったこれだけで「運用状況の把握」、「資産配分の計算」、「メンテナンスするべきかの分析」といった面倒な作業をすべて自動化できます。つまり、効果的なタイミングでリバランスできるということです!

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部
やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積み立て投資、つみたてNISAiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。