PC表示スマホ表示

SMBC日興証券

ロボアドバイザー『fund eye』で投資信託の取引をサポート

『fund eye』利用イメージ

SMBC日興証券公式サイトより

SMBC日興証券の投資信託取り扱いは1,005本です。また、買付手数料無料の投資信託(ノーロードファンド)は500本以上あります(2018年11月現在)。特徴的なのが投信つみたてプランです。このサービスを使うと、購入時に手数料がかかる投資信託をお得に積み立てできます。また、ロボアドバイザーサービスfund eyeは、無料で資産運用をサポートしてくれます。


SMBC日興証券の基本情報

2019年2月現在

投信本数 ノーロード本数 最低投資金額
1,001本 511本 1,000円
NISA/つみたてNISA iDeCo ロボアド
△(NISAのみ)

SMBC日興証券の投資信託取り扱い本数は、ネット証券の中でも多い部類に入ります。投資信託の購入時に手数料がかからないノーロード型の投資信託も500本以上揃っています。

国内株(ETF)手数料

こちらは株・上場投資信託(ETF)の売買時にかかる手数料です。「ダイレクトコース」は、取引ごとに手数料が決まります。

ダイレクトコース
1日の取引金額 手数料(税抜き)
10万円まで 125円
20万円まで 180円
30万円まで 250円
50万円まで 400円
100万円まで 800円
200万円まで 1,500円
300万円まで 2,000円

投信積み立てプランで購入時手数料をお得に!!

SMBC日興証券では投信積み立ての対象商品が661本用意されています。投資信託の積み立てプログラム「投信つみたてプラン」を使うと、積み立てで人気のノーロード投資信託のほか、アクティブファンドが月々1,000円から積み立てができます。

ノーロード投資信託は買付手数料がもちろん無料なのですが、ノーロードファンド以外の投資信託を「投信積み立てプラン」で買い付けした場合、買付手数料が1.08%に引き下げられますので、買付手数料が高いファンドをお得に積み立てすることができます。

SMBC日興証券で使える主なサービス

ロボアドバイザー『fund eye』が資産運用をサポート

『fund eye』を利用したリバランスイメージ

SMBC日興証券公式サイトより

SMBC日興証券のロボアドバイザーfund eyeには、自分が保有する投資信託を理想のポートフォリオに近づける『ポートフォリオ診断』という機能があります。自分の保有する投資信託を登録すると、理想のポートフォリオとの差をチェックし、どの商品を追加購入し、どの商品を売却すると理想のポートフォリオに近づけれるか診断してくれます。くわしくは『SMBC日興証券のロボアドバイザー『fund eye』~ポートフォリオのリバランス診断が便利~』で紹介しています。

三井住友銀行との連携で手数料をさらにお得に

バンク&トレード

SMBC日興証券とグループの三井住友銀行との連携サービス『バンク&トレード』を使えば、銀行と証券間の資金移動が簡単にできます。

その上、先に紹介した「投信つみたてプラン」の利用時の購入時(申込)手数料1.08%無料になります。ただし、1か月の引き落とし金額10万円以下の場合のみですのでご注意下さい

投資の記事から株が買える「FROGGY:フロッギー」

FROGGYのイメージ

FROGGY公式サイトより

FROGGY(フロッギー)は、SMBC日興証券が運営する「ネット証券」と「金融系の情報をまとめたウェブサイト」が一緒になった、新たな投資サービスです。投資に関する記事約700本が読めるだけでなく、記事に掲載されている企業のことが気になったら、すぐ株を買えるしくみになっています。

FROGGYでは東証に上場する株式・ETF・REITの約3,700銘柄が500円から買えます。しかも、100万円までの取引なら購入時にかかる手数料は0円です。

「投資はハードルが高い」と感じている人でも、FROGGYを使えば投資のハードルがグンと下がります。一度試してみてはいかがでしょうか。

SMBC日興証券のキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン画像
  1. 1. SMBC日興証券に新規で口座開設を済ませる
  2. 2. 日興証券にログイン後、「SMBC日興証券でANAのマイルが貯まるキャンペーン」よりエントリーすると200マイルがプレゼントされます
  3. 3. さらに3月29日までのキャンペーン期間中に投資信託を購入すると、購入金額50万円ごとに500マイルをプレゼント。最大で50,000マイルがプレゼントされます

※サービスに変更がある場合もあります、最新の情報は公式サイトにてご確認ください。


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用