プロモーションを含みます。詳細

paypay銀行

PR

開く

ROBOPRO(ロボプロ)をウェルスナビやSBIラップと比較【FOLIOはやばい?】

folioのrobo pro(ロボプロ)

ROBOPRO(ロボプロ)は、株式会社FOLIO(フォリオ)が提供するロボアドバイザーです。このページでは「FOLIOってやばい?」、「ウェルスナビやSBIラップと比較してどうなの?」といった内容について解説しています。

【FOLIO(フォリオ)】ROBOPRO(ロボプロ)の評判

<ROBOPRO(ロボプロ)の概要>
手数料 年率1.1%(税込)
最低投資額(初回) 10万円
最低投資額(追加) 1万円
投資対象 米国ETF

※3,000万円を超える部分は年率0.55%(税込)

FOLIOのROBOPROは、AI予測によりリスク・景気循環・金融環境の変化を先読みし、さまざまな相場に対応することで、効率的なパフォーマンスの獲得を追求するロボアドバイザーです。

ラップ業務にかかる投資一任契約の契約増加件数(2022年度通期)でNo.1となっていることから、評判が良いことが伺えます。

また、2023年4月21日に金融庁が公表したロボアドバイザーの運用実績データにおいて、年率リターン・シャープレシオともにNo.1となっています。
※運用の効率性を表す指標。無リスク資産のリターンをゼロとすると「年率リターン÷年率リスク」で計算される。

<ロボアドバイザーの運用実績データ>
(タブで切り替えられます)

ロボアド名 コース 年率
リターン
シャープ
レシオ
1ROBOPRO - 10.95% 0.851
ウェルスナビ リスク許容度5 9.73% 0.616
ウェルスナビ リスク許容度4 9.52% 0.663
ウェルスナビ リスク許容度3 8.47% 0.685
ウェルスナビ リスク許容度2 7.66% 0.759
ウェルスナビ リスク許容度1 6.63% 0.817

出典:金融庁

「ROBOPRO」はサービス開始が2020年1月15日のため、計測期間の3年は2020年1月15日から2022年末までの約3年間で計算されています。

やばい?デメリットは?

「聞いたことがない会社だけどFOLIOってやばい?」との声があるようです。FOLIOは、2015年に創業されたオンライン証券です。2021年より、SBIホールディングスの連結子会社となりました。

FOLIOは、顧客から預かった資産を法令に則り「分別管理」しています。よって、もしFOLIOが倒産した場合でも、預けた資産は顧客に返ってきます
また、FOLIOは「日本投資者保護基金」に加盟しているため、万が一、分別管理が不十分であったとしても、顧客1人あたり1,000万円まで保証されます

FOLIOが提供するROBOPROは、ロボアドバイザーと呼ばれるサービスで、手数料が比較的高く設定されていることが主なデメリットです。よって、手数料に見合う運用実績が期待できるかどうか、十分に検討して利用されることをおすすめします。

売却できない?【方法・手数料・タイミングは?】

ROBOPROの売却指示が締め切られるタイミングは、日本市場と米国市場がともに営業日である日の日本時間18時です。日本市場・米国市場のいずれかが営業日でない日は、売却できないのでご注意ください。

また、購入指示により「注文中」の状態である場合も、売却できません。「注文中」の表示は購入指示をした日から3営業日以内に消えます。

なお、ROBOPROに売却手数料はありません。ただし、出金1回につき300円の手数料がかかります。

ウェルスナビとの比較

<ROBOPROとウェルスナビの比較>
比較項目 ROBOPRO ウェルスナビ
特徴 AI予測 分散投資
手数料 年率1.1% 年率1.1%
最低投資額
(初回)
10万円 1万円
最低投資額
(追加)
1万円 1万円
NISAへの
対応
× 非対応 一般NISAに
対応

※3,000万円を超える部分は年率0.55%(税込)

預かり資産・運用者数ともにNo.1のロボアドバイザーとして知られるウェルスナビは、初回最低投資額が1万円からとハードルが低く設定されていることや、一般NISAにも対応していることが特徴です。
※2024年からの新NISAには全面対応

対して、ROBOPROは、AI予測に基づいて積極的にパフォーマンスの最大化を目指すことが特徴です。投資配分を毎月変更し、時に大きく比率を動かします。

【FOLIO(フォリオ)】ROBOPRO(ロボプロ)の評判」の章で紹介した通り、2023年4月21日に金融庁が公表したロボアドバイザーの運用実績データでは、ウェルスナビを上回るパフォーマンスとなっています。

SBIラップとの比較

<ROBOPROとSBIラップの比較>
比較項目 ROBOPRO SBIラップ
組入銘柄数 2~8銘柄
(変動)
8銘柄
(固定)
手数料 年率1.1%※1 年率0.952%
程度※2
最低投資額
(初回)
10万円 1万円
最低投資額
(追加)
1万円 1万円
ポイント還元 × なし 年間0.1
~0.2%

※1)3,000万円を超える部分は年率0.55%(税込)

※2)手数料年率0.66%+ファンド費用年率0.292%程度

SBIラップは、SBI証券のロボアドバイザーです。SBIラップのAI投資コースは、SBI証券とFOLIOにより共同開発されました。ROBOPROよりも手数料が低くなっており、ポイント還元もあります。また、1万円から投資できることも特徴です。

SBIラップは、SBI証券に口座開設することで利用できます。

対して、ROBOPROは、SBIラップよりもAIの寄与度が高く、ダイナミックに投資配分を変更し、エッジの効いた運用を行います。SBIラップは常に8銘柄を組み入れますが、ROBOPROは時に2銘柄まで組み入れ銘柄を集中させる場合があります。

ROBOPROは、AI予測によりリスク・景気循環・金融環境の変化を先読みし、効率的なパフォーマンスの獲得を追求するロボアドバイザーです。2023年4月21日に金融庁が公表したロボアドバイザーの運用実績データでは、年率リターンNo.1となっています。
→ROBOPROの公式サイト

SBI証券

関連ページ

SBI証券

投資家から選ばれる理由を徹底解説しています。

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積立投資、新NISAやiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。

FOLLOW

  • X(旧Twitter)
  • TikTok
  • Instagram
  • Threads
  • note