【ブログ】まるっと米国ブロガーミーティングに参加してきました!

カテゴリー:ニュース・その他
最終更新日 : 2022年10月31日
まるっと米国ブロガーミーティング

やさしい投資信託のはじめ方編集部(中の人)が、2022年10月28日に開催された「“まるっと米国”ブロガーミーティング」に参加してきました。このページでは、「まるっと米国の概要・評価」、「ブロガーミーティングの内容」を紹介しています。

SBI証券

関連ページ

SBI証券

投資家から選ばれる理由を解説しています。

まるっと米国の概要・評価

<まるっと米国の概要>
評価・おすすめ度 ★★★★★(5/5)
運用会社 SBIアセットマネジメント
連動対象(株式) S&P500インデックス
連動対象(債券) ブルームバーグ 米国総合債券インデックス
販売手数料
(購入時手数料)
無料
信託報酬
(運用管理費用)
0.0938%程度
信託財産留保額 なし
販売会社 SBI証券のみ

最新のチャートをご覧いただけます。

まるっと米国は、米国株式と米国債券に50%ずつ投資する超低コストのバランスファンドです。信託報酬0.1%を切っています
※投資対象とするETFの経費率も含む実質的な負担

正式名称は、SBI・iシェアーズ・米国バランス(2資産均等型)です。

米国の株式・債券に投資

マザーファンドを通じてETF(上場投資信託)に投資し、実質的に米国の株式・債券に分散投資します。投資対象とするETFは以下の2銘柄です。

株式:債券=50:50

基本配分比率は、株式50%程度、債券50%程度を基準とします。配分比率が基本配分比率から乖離した場合は、基本配分比率に戻す調整をします。原則として6か月ごとに調整します。ただし、10%以上乖離した場合は適時、調整を行います。

為替ヘッジなし

実質組入外貨建資産については、為替ヘッジを行いません。

ブロガーミーティングに参加してきました!

まるっと米国のご紹介

セミナーはSBIアセットマネジメントの梅本社長による「まるっと米国のご紹介」から始まりました。

まるっと米国の魅力

まるっと米国は、米国株式と米国債券に50%ずつ投資するシンプルなファンドですが、この資産構成を採用している投資信託として日本初であることをご紹介いただきました。
また、ここ最近、不安定な相場が続く中で、株と債券の相関が強くなっていることについて「長期運用では資産の分散効果がある」との解説をいただきました。

今後の見通し

アメリカの長短金利差が縮小・逆転していることから「今後の景気後退は避けられない」との見通しでした。
参考:株価下落のサイン!?逆イールドとは|やさしい株のはじめ方

iシェアーズシリーズの今後

まるっと米国は、世界最大の運用会社であるブラックロック社が運用するiシェアーズETFに投資する「SBI・iシェアーズシリーズ」の第1弾です。
第2弾となるファンドは、2022年末~2023年初め頃に新規設定される予定だそうです。

まるっと解決!質疑応答

セミナー参加者の方々から寄せられた質問に、梅本社長がお答えされました。

2つの質問をピックアップしてご紹介します。

質問

投資妙味のありそうな新興国を教えてください。

回答

個人的には、インドだと思います。
「人口ボーナス期が続くと予測されること」や「インフラ整備が改善途上であること」などが、その理由です。
※生産年齢人口(15~65歳)がその他の人口の2倍以上ある期間

質問

SBI・Vシリーズについてレンディング(有価証券の貸付)の方針を教えてください。

回答

2022年10月28日現在、レンディングは行っていません。
しかしながら、SBI・V・S&P500の目論見書に記載されている通り、準備は進めています

効率的な運用を行うため、信託財産で保有する有価証券の貸付取引を行う場合があります。当該貸付取引を行った場合には、その品貸料の一部は信託財産の収益となります。

出典:SBI・V・S&P500の目論見書

懇親会

普段なかなかお会いする機会のない方々とお話しできて、大変有意義な時間でした。
また今回のようなセミナーを開催される際は、ぜひ参加したいと思いました!

余談になりますが、ユーモアたっぷりの手土産もいただきました。
(“SBIラップ”と記載されたポリラップ、梅本社長の肖像がプリントされた珍味など)

sbi証券の手土産(1)
sbi証券の手土産(2)

最後に、SBI証券との限定タイアップキャンペーンを紹介します。

まるっと米国は、SBI証券でしか買えない投資信託ですので、ぜひご活用ください。

SBI証券との限定タイアップのキャンペーン

SBI証券のタイアッププログラム
  1. SBI証券に新規口座開設する。※1
    (住信SBIネット銀行の口座がなければ、同時に申し込んでおきましょう)
  2. 住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金の利用申込を完了させる。※2
  3. SBI証券の口座に2万円以上入金して、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金に一括で自動振替する。※3
  4. もれなく現金2,500円オリジナルレポートがもらえます。

※1 口座開設申し込み日の翌月20日までに、必要書類を提出して完了させる

※2 口座開設申し込み日の翌月最終営業日の前営業日まで

※3 口座開設申し込み日の翌月最終営業日まで

約5分で申込み完了します。

まるっと米国は、世界最大の運用会社であるブラックロック社が運用するiシェアーズETFに投資する「SBI・iシェアーズシリーズ」の第1弾です。第2弾となるファンドは、2022年末~2023年初め頃に新規設定予定とのことでした。

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積立投資、つみたてNISAiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。