SBI・Vシリーズ(S&P500・全米株式・米国高配当)【楽天とどっちがいい?】

sbi・vシリーズ

SBI・Vシリーズは、世界最大級の運用会社である「バンガード社」のETFを投資対象とするインデックスファンドシリーズです。衝撃的な低コストで、お手軽に海外ETFに投資できます。

既存の人気ファンドや、新規の注目ファンドによって、シリーズが整えられています。 2021年6月15日(火)より、「SBI・バンガード・S&P500」が「SBI・V・S&P500」に名称変更されました。また、2021年6月29日(火)に、「SBI・V・全米株式」と「SBI・V・米国高配当株式」が新規設定されました。

このページでは、「SBI・Vシリーズの評価」、「楽天・バンガード・ファンドとどっちいいか」といった内容を解説しています。

SBI・Vシリーズの評価・評判

<SBI・Vシリーズの概要>
評価・おすすめ度 ★★★★★(5/5)
運用会社 SBIアセットマネジメント
純資産総額合計 3,354億円
ラインナップ 3銘柄

(2021年9月現在)

SBI・V・シリーズは、極めて低コストで米国株に投資できるため、おすすめのインデックスファンドシリーズです。SBI・V・S&P500と、SBI・V・全米株式は、一般的な証券口座で購入できる投資信託の中で、最も信託報酬が低く設定されています。

純資産総額は他のインデックスファンドシリーズと比べるとまだまだ少ないですが、これは設定からの期間が浅いためです。SBI・バンガード・S&P500(現:SBI・V・S&P500)は、その信託報酬の低さによって投資家の間で評判となり、順調に資金流入が続き、設定から2年も経たないうちに2,000億円まで到達しました。

新規設定された「SBI・V・全米株式」、「SBI・V・米国高配当株式」も信託報酬が極めて低い水準に設定されているため、資金流入が期待できます。シリーズ各ファンドの信託報酬と純資産総額は、以下のとおりです。

<SBI・Vシリーズ一覧>
銘柄名 信託報酬 純資産総額
SBI・V・S&P500 0.0938% 3,089億円
SBI・V・全米株式 0.0938% 221億円
SBI・V
・米国高配当株式
0.1238% 43億円

※旧名称:SBI・バンガード・S&P500

※このページでは、投資対象とするETFのコストを加味した実質的な負担を信託報酬として記載しています。

S&P500(VOO)

sbi・v・S&P500

SBI・V・S&P500は、アメリカの代表的な会社の株式500銘柄から構成される指数「S&P500」に連動するように運用されます。投資対象は「バンガード・S&P500ETF(VOO)」です。

S&P500に連動するインデックスファンドの中で、最も信託報酬が安いおすすめの投資信託です。

<【S&P500】信託報酬の比較>
銘柄名 信託報酬
SBI・V・S&P500インデックス・ファンド 0.0938%
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 0.0968%
つみたて米国株式(S&P500) 0.22%
Smart-i S&P500インデックス 0.242%
iFree S&P500インデックス 0.2475%
NZAM・ベータ S&P500 0.264%

※旧名称:SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

以下のページで、詳しい情報の解説や、画像を使った買い方の説明をしているので、興味のある方はぜひご覧ください。

全米株式(VTI)

sbi・vシリーズ

SBI・V・全米株式は、アメリカの大型株から小型株までを網羅している指数「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」に連動するように運用されます。投資対象は「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」です。

SBI・V・全米株式と同じ指数を連動対象とする投資信託には「楽天・全米株式インデックス・ファンド」があります。

<【全米株式】信託報酬の比較>
銘柄名 信託報酬
SBI・V・全米株式インデックス・ファンド 0.0938%
楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.162%

楽天・全米株式インデックス・ファンドよりも、SBI・V・全米株式のほうが低コストとなっています。

以下のページで、ファンドの注文方法を紹介しています。また、資産運用をしながらお得にポイントを貯められる「クレカ積立」の設定方法もあわせて解説しています。

米国高配当株式(VYM)

sbi・vシリーズ

SBI・V・米国高配当株式は、アメリカの高配当株400銘柄ほどから構成される指数「FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス」に連動するように運用されます。投資対象は「バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)」です。

SBI・V・米国高配当株式と同じ指数を連動対象とする投資信託には「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」があります。

<【米国高配当株式】信託報酬の比較>
銘柄名 信託報酬
SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド 0.1238%
楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド 0.192%

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドよりも、SBI・V・米国高配当株式のほうが低コストとなっています。

楽天・バンガード・ファンドとどっちがいいの?

楽天・バンガード・ファンドとは、SBI・Vシリーズと同様にバンガード社のETFに投資することで、指数への連動を目指すインデックスファンドシリーズです。低コストであることを重視する方には、SBI・Vシリーズをおすすめします。

<SBIと楽天 信託報酬の比較>
銘柄 SBI・Vシリーズ 楽天・バンガード
・ファンド
S&P500 0.0938% 取り扱いなし
全米株式 0.0938% 0.162%
米国高配当株式 0.1238% 0.192%

これまで運用されてきた実績を重視する方には、楽天・バンガード・ファンドをおすすめします。投資信託に集まっているお金「純資産総額」は以下の表のようになっています。

<【SBIと楽天】純資産総額の比較>
銘柄 SBI・Vシリーズ 楽天・バンガード
・ファンド
S&P500 3,089億円 取り扱いなし
全米株式 221億円 3,519億円
米国高配当株式 43億円 51億円

(2021年9月現在)

ただし、SBI・Vシリーズも順調に資金流入が続いていくと予測されるため、純資産総額を過度に気にする必要はないでしょう。

買い方、つみたてNISA・iDeCoでの取り扱い

SBI・Vシリーズの投資信託を買いたい場合は、取り扱いのある販売会社に口座開設する必要があります。主要ネット証券でのSBI・Vシリーズの取り扱いは以下のようになっています。

<SBI・Vシリーズの取り扱い>
銘柄名 SBI マネックス auカブコム 楽天
SBI・V・S&P500 〇 〇 〇 -
SBI・V・全米株式 〇 - - -
SBI・V
・米国高配当株式
〇 - - -

※旧名称:SBI・バンガード・S&P500

2021年6月29日(火)に新規設定された「SBI・V・全米株式」と「SBI・V・米国高配当株式」は、SBI証券限定の投資信託です。投資を検討している方は、SBI証券に口座開設しましょう。

約5分で申込み完了します。

つみたてNISA

つみたてNISAでのSBI・Vシリーズの取り扱いは以下のとおりです。

SBI・V・S&P500

つみたてNISAの対象商品です。SBI証券マネックス証券auカブコム証券などで購入できます。

SBI・V・全米株式

つみたてNISAの対象商品です。購入できるのはSBI証券だけです。

SBI・V・米国高配当株式

つみたてNISAの対象商品ではありません。

SBI・V・米国高配当株式の連動対象は、つみたてNISA対象商品の指定インデックスではないため、アクティブファンドと同じ要件をクリアしなければなりません。この場合、新規設定から5年以上運用された実績が必要となります。
よって、少なくとも2026年6月までは、つみたてNISAの対象商品となることはありません。

iDeCo

2021年9月現在、SBI・VシリーズをiDeCoで取り扱っている金融機関はありません。税制優遇を受けながら投資したい方は、つみたてNISA一般NISAを使いましょう。

現金プレゼントキャンペーン

SBI証券が、SBI・Vシリーズの設定記念キャンペーンを開催中です。また、『やさしい投資信託のはじめ方』限定タイアップキャンペーンもあるので、ぜひご利用ください!

「SBI・Vシリーズ」新ファンド設定記念 現金プレゼントキャンペーン!【第2弾】

「SBI・Vシリーズ」新ファンド設定記念 現金プレゼントキャンペーン!
  • SBI証券に口座開設する。
  • 「SBI・V・全米株式」、「SBI・V・米国高配当株式」を積み立てる。
  • 2021年7月、8月、9月の各月の積立金額合計が1万円以上となった月数に応じて、最大10,000円が抽選でもらえます。(2021年9月30日まで)

SBI証券との限定タイアッププログラム

SBI証券のタイアッププログラム
  • SBI証券に新規口座開設する。※1
    (住信SBIネット銀行の口座がなければ、同時に申し込んでおきましょう)
  • 住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金の利用申込を完了させる。※2
  • SBI証券の口座に2万円以上入金して、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金に一括で自動振替する。※3
  • もれなく2,500円オリジナルレポートがもらえます。

※1 口座開設申し込み日の翌月20日までに、必要書類を提出して完了させる

※2 口座開設申し込み日の翌月最終営業日の前営業日まで

※3 口座開設申し込み日の翌月最終営業日まで

約5分で申込み完了します。

SBI・Vシリーズは、世界最大級の運用会社である「バンガード社」のETFを通じて指数に連動させるインデックスファンドシリーズです。極めて低コストで米国株に投資できるのでおすすめです。