PC表示スマホ表示

【追記】SBI・楽天・松井・マネックス・岡三で投資信託が100円から買えるようになりました

 追記
100円

by kanonn

投資信託は株と比較して「金額を指定して購入できる」「500円~1万円という少額から投資できる」という点が株式投資にない魅力です。数百円から数万円から投資できるだけでも投資のハードルが低いのですが、SBI証券楽天証券が5月末に投資信託を『100円から買えるようにします』と発表したことで、ネット証券各社が投資信託の最低買付金額の引き下げを発表してきました!

今までSBI証券楽天証券は、投資信託の最低購入金額をそれぞれ1,000円・500円と設定していましたが、どちらも100円から投資信託が買えるようになりました。これにより、従来よりもっと少ない金額から投資ができるようになりました!

また、松井証券もSBI・楽天と同じく投資信託の最低購入金額を500円から100円へと引き下げを実施しました。

投資信託の最低購入金額は横並びとなりましたが、細かな部分で違いがあります。それでは、3社の特徴を比較してみましょう。

ネット証券各社の『100円投資』の概要

SBI証券

買付単位 500円→100円以上1円単位
対象サービス 通常買付・積立買付(積立は7月よりスタート予定)
対象銘柄 ほぼすべての投資信託
注意点 積立買付の100円投資は、7月よりスタート予定。

楽天証券

買付単位 1,000円→100円以上1円単位
対象サービス 通常買付・積立買付
対象銘柄 楽天証券が扱う投資信託で、積立対象の銘柄(一部を除く)
注意点 100円積立決済方法は『証券口座』のみ。(『楽天カード』『楽天銀行』『その他金融機関』による決済では、100円積立は利用不可)

松井証券

買付単位 500円→100円以上1円単位
対象サービス 積立買付
対象銘柄 松井証券が取り扱う全ての投資信託
注意点 投資信託が100円から買えるのは積み立てのみ。一括で購入の場合は「10,000円以上1円単位~」。

マネックス証券

買付単位 1,000円→100円以上1円単位
対象サービス 通常買付・積立買付(7月10日よりスタート予定)
対象銘柄 ほぼすべての投資信託
注意点 マネックス以外の金融機関の口座から積立てできる「ウェブでかんたん銀行積立て」などは「1,000円以上1円単位」で購入可。

岡三オンライン証券

買付単位 100円以上1円単位
対象サービス 通常買付・積立買付
対象銘柄 ほぼすべての投資信託(ブル・ベア型投信・ETFを除く)
注意点 投資信託通常買付の【分配金受け取り】で購入する場合は「1,000円以上1円単位~」。

投資額が100円からできるようになったことで、投資のハードルがより下がったのではないでしょうか?今まで投資をしたことがない・投資に慣れていないという方は、まずは少額から積み立て投資を始めてみてはいかがでしょうか?

投資に慣れたら資産形成に目標金額設定を!

グラフ

by bill

当然ですが、積立金額が小さくなれば投資のハードルは小さくなりますが、将来のリターンも小さいです。ある程度経験や自信がついたら、将来どれくらいの資産を作りたいか目標設定して、月々どれくらいの金額を積み立てるのかを決めるのも良いと思います。

以下の表は、毎月投資信託を積み立てた場合に、金額別に10年後どれだけの金額が積み立てられているか計算したものです。また、3%・5%・7%で運用した場合に、運用益がどれだけになるかもまとめています。

積立金額別・運用利回り別 10年間の積立運用シミュレーション

積立金額(縦)
利回り(横)
年3% 年5% 年7%
100円/月 13,974円
運用益:1,974円
15,528円
運用益:3,528円
17,308円
運用益:5,308円
1,000円/月 139,741円
運用益:19,741円
155,252円
運用益:35,282円
173,085円
運用益:53,085円
5,000円/月 698,707円
運用益:98,707円
776,411円
運用益:176,411円
865,424円
運用益:265,424円
10,000円/月 1,397,414円
運用益:197,414円
1,552,823円
運用益:352,823円
1,730,848円
運用益:530,848円

※上の試算は、税金や手数料を考慮していません。

マメタスのイメージ

関連記事

おつりを資産運用できる『マメタス』が登場!~運用するのは『ウェルスナビ』!~

積み立てのイメージ

関連記事

積立投資の基礎1 - 積み立て投資とは?


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用