楽天証券のマネーブリッジとは【デメリットは?カード決済とどっちがお得?】

カテゴリー:証券会社/銀行
最終更新日 : 2022年12月14日
楽天証券のマネーブリッジとは

マネーブリッジは、楽天証券と楽天銀行の口座連携サービスです。これに登録することで、さまざまな優遇を受けられます。このページでは「マネーブリッジにデメリットはあるか」、「楽天カードクレジット決済とどっちがお得か」など、わかりやすく解説しています。

楽天証券

関連ページ

楽天証券

投資家から選ばれる理由を解説しています。

マネーブリッジとは【わかりやすく解説】

マネーブリッジとは、楽天証券と楽天銀行の口座連携サービスのことです。

マネーブリッジの登録をすると、以下のようなメリットがあります。

  • 普通預金金利が最大年0.1%に優遇される
  • 手数料無料で自動入出金を設定できる
  • 取引に応じて楽天ポイントが貯まる

普通預金金利が最大年0.1%に優遇される

マネーブリッジに登録するだけで、楽天銀行の普通預金金利が最大年0.1%に優遇されます。なお、通常は年0.02%です。
※300万円までが「0.1%」、300万円を超えた分は「0.04%」。

0.1%は、大手銀行の100倍にあたる水準です。

マネーブリッジとは【わかりやすく解説】
出典:楽天証券

手数料無料で自動入出金を設定できる

マネーブリッジに登録すると「自動入出金(自動スイープ)」を設定できます。銀行口座にログインしなくても残高が確認できて、取引をするときに入金手続きをしなくても良いので、とても便利な設定です。夜間には、自動的に銀行口座へお金を戻せるため、預金金利を適用させられる点も便利です。

マネーブリッジの自動入出金(自動スイープ)
出典:楽天証券

取引に応じて楽天ポイントが貯まる

マネーブリッジに登録すると、楽天銀行の「ハッピープログラム」にエントリーすることで、楽天証券の取引に応じて楽天ポイントを貯められるようになります。ハッピープログラムとは、楽天ポイントを貯められたり、ATM手数料や振込手数料を一定回数まで無料にできたりするサービスです。

楽天銀行のハッピープログラム
出典:楽天証券

【怖い】登録だけで投資しないとデメリットはある?

マネーブリッジに、これといってデメリットはありません。登録だけをして投資しない場合についても、特にペナルティはありません。

楽天証券と楽天銀行が取得する顧客情報は共同利用されることになりますが、しつこく投資勧誘をされるような怖い思いをすることはありませんので、ご安心ください。

ただし、マネーブリッジを登録される方は、投資信託の移管をする際に注意が必要です。

投資信託の移管をするには手数料を支払わなければなりません。しかし、その移管手数料について、マネーブリッジの自動入金は対応していません。よって、マネーブリッジで楽天銀行に全額自動出金する設定にしていると、手数料を支払えず手続きに失敗してしまいます。

マネーブリッジは自動出金時に残す金額を決められるため、移管手数料を支払えるように設定しておきましょう。
→楽天証券からSBI証券への移管手数料【投資信託・NISAの乗り換え】

【怖い】登録だけで投資しないとデメリットはある?
出典:楽天証券

楽天カード決済とどっちがお得?併用できる?

楽天証券の投信積立の引き落とし方法に「マネーブリッジ振替」と「楽天カードクレジット決済」があります。この2つでは、「楽天カードクレジット決済」のほうがお得です。なぜなら、楽天カードクレジット決済では、決済額に応じて楽天ポイントがもらえるためです。

新規入会&利用でポイントプレゼント

楽天カードクレジット決済のポイント還元率は、低コスト投信※1を積み立てる場合「0.2%」、高コスト投信※2を積み立てる場合「1%」です。
※1)楽天証券の受け取る信託報酬が0.4%未満
※2)楽天証券の受け取る信託報酬が0.4%以上

なお、他にも「楽天キャッシュ」という引き落とし方法があります。低コスト投信を積み立てる場合は、この「楽天キャッシュ」を利用するのが最もお得です。以下の表は、各引き落とし方法を比較したものです。

<引き落とし方法の比較>
比較項目 マネー
ブリッジ
楽天
カード
楽天
キャッシュ
ポイント
還元率
なし 0.2% or 1% 一律0.5%
積立
指定日
1日~28日 8日 1日~28日
積立
上限額
原則なし 50,000円
/月
50,000円
/月

※2021年6月19日以前に楽天カードクレジット決済による積立をした方は毎月1日。

なお、マネーブリッジの登録をしていても、「楽天カードクレジット決済」や「楽天キャッシュ決済」は問題なく利用できます。また、これらの引き落としは併用できます

このように、マネーブリッジには特にデメリットがなく、さまざまなメリットが受けられるため、登録されることをおすすめします。まだ口座開設をされていない方は、以下のキャンペーンを利用してマネーブリッジの登録をすれば、もれなく現金1,000円がもらえます。ぜひご活用ください。

楽天証券のキャンペーン

楽天証券と楽天銀行の入出金設定でもれなく1,000円

楽天証券
  1. 楽天証券と楽天銀行を同時申込で口座開設する。(2023年3月6日まで)
    →楽天証券公式サイト
  2. キャンペーンにエントリーする。
  3. マネーブリッジ(自動入出金)の登録を完了させる。(2023年3月13日まで)
  4. もれなく現金1,000円がもらえます。

約5分で申込み完了します。

※ サービス内容に変更がある場合もあります、最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

マネーブリッジは、楽天証券と楽天銀行の口座連携サービスです。これといってデメリットはありませんし、登録だけをして投資しない場合についても、特にペナルティはありません。なお、マネーブリッジの登録をしていても、「楽天カードクレジット決済」や「楽天キャッシュ決済」は問題なく利用できます。

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積立投資、つみたてNISAiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。