楽天証券の楽天キャッシュ決済【つみたてNISAは?キャンペーンは?】

カテゴリー:証券会社
最終更新日 : 2022年08月17日
楽天証券の楽天キャッシュ決済

2022年6月19日から、楽天証券が「楽天キャッシュ決済」という投資信託の新たな積立方法を開始しました。このページでは、楽天キャッシュ決済について「つみたてNISAでも利用できるか」、「デメリット・注意点はあるか」など解説しています。

【新しい積立方法】楽天キャッシュ決済とは

楽天キャッシュ決済は、投資信託を楽天キャッシュで決済できる積立方法です。お得なポイント還元を受けながら資産形成できます。

楽天キャッシュとは

楽天キャッシュは、オンライン上の電子マネーです。楽天ペイや楽天市場など、さまざまなサービスで使えます。楽天カード・楽天銀行・楽天ラクマなど、いろいろなチャージの仕方が用意されています。

新規入会&利用でポイントプレゼント

楽天キャッシュ決済を利用すれば、楽天カードからのチャージ額に対して0.5%のポイントがもらえます。また、2022年中はチャージ額だけでなく、利用額に対しても0.5%のポイントを受けられるため、あわせて最大1%のポイント還元となります。

楽天証券の楽天キャッシュ決済
楽天証券公式サイトより引用

楽天証券には「楽天カードクレジット決済」という積立方法もあります。以下の表は、「楽天キャッシュ決済」と「楽天カードクレジット決済」のポイント還元率を比較したものです。

<ポイント還元率の比較>

積み立てる
銘柄
楽天キャッシュ
決済
楽天カード
クレジット決済
低コスト投信※1 1% 0.2%
高コスト投信※2 1% 1%

※1)証券会社の受け取る信託報酬が0.4%未満

※2)証券会社の受け取る信託報酬が0.4%以上

積み立てる
銘柄
楽天キャッシュ
決済
楽天カード
クレジット決済
低コスト投信※1 0.5% 0.2%
高コスト投信※2 0.5% 1%

※1)証券会社の受け取る信託報酬が0.4%未満

※2)証券会社の受け取る信託報酬が0.4%以上

このように、低コストの投資信託には「楽天キャッシュ決済」を優先させて使うとお得です。

なお、「楽天キャッシュ決済」と「楽天カードクレジット決済」は、それぞれ毎月50,000円まで設定できます。これらは併用できるため、毎月最大100,000円までキャッシュレス積立可能です。

楽天証券の楽天キャッシュ決済
楽天証券公式サイトより引用

つみたてNISAでも利用できるの?

楽天キャッシュ決済は、つみたてNISA(積立NISA)でも利用できます。なお、つみたてNISAで楽天キャッシュ決済を利用する場合、以下の点にご注意ください。

毎月33,333円が上限

つみたてNISAの積立額は、毎月33,333円が上限です。よって、楽天キャッシュ決済を50,000円使い切るためには、課税口座でも積み立てることになります。

増額設定の引落が証券口座になる

つみたてNISAの積立方法を「楽天キャッシュ決済」にしている場合、増額設定の引落方法は「証券口座(預り金)」となります。また、「楽天キャッシュ決済」でのボーナス設定はできません。
※非課税枠を使い切るために、その年に限り、積立金額を増額できる機能

毎日積立が指定できない

楽天キャッシュ決済では、毎日積立ができません。毎月1日~28日から、任意の買付日を指定して積立投資を行います。

なお、つみたてNISA対象銘柄のほとんどは低コストの投資信託です。よって、多くの場合で「楽天カードクレジット決済」よりも「楽天キャッシュ決済」を使うほうがお得になります。ぜひ、「楽天キャッシュ決済」を検討してみてください。

デメリット・注意点

楽天キャッシュ決済について、つみたてNISA関連以外のデメリット・注意点も、まとめました。以下のとおりです。

2023年からは0.5%還元になる

投信積立での楽天キャッシュ利用額に対して0.5%のポイント還元を受けられるのは、2022年12月買付分までです。よって、2023年からは、楽天カードからのチャージ額に対する0.5%還元のみとなります。

対象外の口座がある

楽天キャッシュ決済の対象口座は、特定口座・一般口座・一般NISA・つみたてNISAです。未成年口座・ジュニアNISA・法人口座・楽ラップ・iDeCo口座は対象外です。

「楽天証券ポイントコース」だと利用できない

楽天キャッシュ決済は「楽天ポイントコース」の方が使えるサービスです。「楽天証券ポイントコース」の方は使えないため、「楽天ポイントコース」へ変更する必要があります。

楽天キャッシュ決済のやり方・設定

楽天キャッシュ決済を初めて設定される方は、まず楽天カードをお手元にご用意ください。まだ、発行されていない方は、楽天カードの申し込みをしましょう。

新規入会&利用でポイントプレゼント

楽天キャッシュ決済のやり方は、かんたんです。投資信託の新規積立設定をするときに「楽天キャッシュ」を選び、「オートチャージ設定」まで完了させるだけです。

楽天キャッシュ決済のやり方・設定
楽天証券公式サイトより引用

楽天証券の公式動画がわかりやすいため、ご覧ください。

なお、楽天カードクレジット決済で0.2%ポイント還元となるファンドを、「楽天カードクレジット決済」から「楽天キャッシュ決済」へ切り替える場合、たったの3ステップ・最短1分で完了します。

楽天キャッシュ決済のやり方・設定
楽天証券公式サイトより引用

※楽天カードクレジット決済で1.0%ポイントとなるファンドを切り替える場合や、楽天カードクレジット決済以外の引落方法から切り替える場合は、現在の積立設定を解除してから新規で積立設定することになります。

こちらも、楽天証券の公式動画がわかりやすいため、ご覧ください。

さいごに、まだ楽天証券の口座開設をされていない方のために、お得なキャンペーンをご紹介します。

楽天証券のキャンペーン

楽天証券と楽天銀行の入出金設定でもれなく1,000円

楽天証券のキャンペーン
  • 楽天証券と楽天銀行を同時申込で口座開設する。(2022年11月7日まで)
    →楽天証券公式サイト
  • キャンペーンにエントリーする。
  • マネーブリッジ(自動入出金)の登録を完了させる。(2022年11月14日まで)
  • もれなく1,000円がもらえます。

約5分で申込み完了します。

※ サービス内容に変更がある場合もあります、最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

楽天キャッシュ決済は、お得なポイント還元を受けながら資産形成できる積立方法です。つみたてNISAでも使えます。なお、2022年中はチャージ額だけでなく、利用額に対しても0.5%のポイントを受けられるため、あわせて最大1%のポイント還元となります。

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積立投資、つみたてNISAiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。