【新NISAで併用可能に!?】2023年は「積立」と「一般」どっちが得ですか?

お悩み

2023年は「つみたてNISA」と「一般NISA」どっちが得なのでしょうか?
今まで長期と総額を考慮し、つみたてNISAでオルカンを購入してきました。しかし、2024年からは併用が可能になるとのことで、現行制度残り1年の使い方を迷っています。

一般NISAに切り替えて120万を購入した方が良いでしょうか。
それとも今までどおりつみたてNISAを40万で良いでしょうか。

回答

どちらのほうが得だと一概には言えませんが、これまでつみたてNISA(積立NISA)を利用してきたのでしたら、「今までどおりつみたてNISAを40万」を選ばれたほうが無難です。

2023年までに「一般NISA」や「つみたてNISA」で投資した商品は、「新NISA」の枠の外で現行の取り扱いが継続されます。よって、一般NISAに切り替えると、2023年投資枠の非課税期間が5年と短くなってしまいます。

また、2022年12月20日現在、細かい部分まで情報が出そろっていませんが、現行の一般NISAから新NISAへのロールオーバーはできない可能性が高いため、非課税期間の長い「つみたてNISA」を選ばれるほうが堅実でしょう。

新NISAでは、つみたてNISAの役割を引き継ぐ「つみたて投資枠」と一般NISAの役割を引き継ぐ「成長投資枠」を併用できるようになります。これまでつみたてNISAを利用してきた方は、2023年もつみたてNISAを選ばれたほうが無難です。