プロモーションを含みます。詳細

paypay銀行

PR

開く

松井証券vs.SBI証券【iDeCoは雪だるまのみでオールカントリーがない】

idecoは節税できる年金制度

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は、税制優遇を受けられる私的年金制度です。数ある金融機関の中でも、松井証券は唯一eMAXIS Slimシリーズをすべて取り扱っています。

このページでは、「松井証券とSBI証券のiDeCoの比較」、「eMAXIS Slimと雪だるまどっちがいいか」など解説しています。

松井証券

関連ページ

松井証券

投資家から選ばれる理由を解説しています。

SBI証券

関連ページ

SBI証券

投資家から選ばれる理由を徹底解説しています。

【iDeCo徹底比較】松井証券vs.SBI証券

松井証券SBI証券では、「松井証券のiDeCo」のほうをおすすめします。

松井証券のiDeCoでは、当サイト『やさしい投資信託のはじめ方』がイチオシ銘柄として紹介している「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」を取り扱っています。対して、SBI証券では取り扱われていません。

この銘柄は、投資家の間で”オルカン”との呼び名で親しまれていて、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2022」でも圧倒的な支持を受けて1位を獲得しています。

以下の表のとおり、その他の観点からも松井証券のほうがおすすめです。

<【iDeCoの比較】松井とSBI>
比較項目 松井証券 SBI証券
オルカンの
取り扱い
〇 ×
eMAXIS Slim
取扱本数
13本 8本
手数料 加入時 2,829円 2,829円
運用中 171円/月 171円/月
受取時 440円/回 440円/回
還付 1,488円 1,488円
移換 4,400円 4,400円
年金受取の
受給期間
◎5年~20年
(1年刻み)

5年、10年、
15年、20年
年金受取で
選べる
支給回数
◎年1回・年2回・
年3回・
年4回・
年6回・年12回

年1回・年2回・
年4回・年6回

※積み立てを行う場合
(行わない場合は両社66円/月)

SBIではeMAXIS Slim(オルカン)が選べない

SBI証券のiDeCoでは、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が選べません

松井証券SBI証券について、iDeCoでの全世界株式型ファンドの取り扱いを比較すると、以下の表のとおりです。

<【松井vs.SBI】iDeCo全世界株式の比較>
銘柄名 松井証券 SBI証券
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 〇 -
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 〇 〇
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型) 〇 -
楽天・VT 〇 -
雪だるま(全世界株式) - 〇

SBI証券のiDeCoには、日本を含む全世界株式を投資対象とする商品として、雪だるま(全世界株式)が用意されています。
※正式名称:SBI・全世界株式インデックス・ファンド

eMAXIS Slimと雪だるまどっちがいい?

当サイトでは、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)のほうをおすすめしています。その理由は、雪だるま(全世界株式)は、インデックスファンドとして誠実ではないと言えるためです。

以下の画像のように、「ファンドが成果の目標としている連動対象」と「投資対象としているETFの連動対象」が同一でありません。

雪だるま(全世界株式)の目論見書
出典:SBI・全世界株式インデックス・ファンド
の目論見書

インデックスファンドの目的は、指数へ連動させることですから、このような運用方法は少し不自然です。

よって、当サイトとしては、誠実に指数への連動を図る「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」をおすすめします。なお、細かい投資対象にこだわらない人は「雪だるま(全世界株式)」を選んでも問題ないでしょう。

手数料・年金の受取方法

手数料

iDeCoは運用中に口座管理手数料が必要になりますが、松井証券SBI証券はどちらも業界最低水準の手数料に設定されています。手数料の観点からは、どちらを選んでも問題ないでしょう。

年金の受取方法

iDeCoで積み立てた資産の受取方法には、「年金」、「一時金」、「年金と一時金の併用」があります。この受取方法については、利益確定と税制優遇の最大化を図るため、そのときの環境に合わせて臨機応変に考える必要があります。

よって、その選択肢はできる限り多く用意されていることが理想的です。

「年金」として受け取る場合の受給期間は、SBI証券だと5年刻みでしか選べません。しかし、松井証券では1年刻みで決められるため、より柔軟に受け取り方を考えられます。また、年間の支給回数もSBI証券より松井証券のほうが多くのパターンから選べます。

このように、さまざまな観点から松井証券のほうがおすすめです。

松井証券の取扱商品一覧

<松井証券のiDeCo取扱商品一覧>
(タブで切り替えられます)

カテゴリ 銘柄名 信託報酬
全世界株式 イチオシ
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
0.05775%
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 0.05775%
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型) 0.05775%
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 0.192%
米国株式 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 0.09372%
楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.162%
iFree NYダウ・インデックス 0.2475%
国内株式 eMAXIS Slim 国内株式(日経平均) 0.143%
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 0.143%
<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド 0.2145%
One DC国内株式インデックスファンド 0.154%
先進国株式 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.09889%
新興国株式 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 0.1859%
カテゴリ 銘柄名 信託報酬
国内債券 eMAXIS Slim 国内債券インデックス 0.132%
三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 0.132%
先進国債券 eMAXIS Slim 先進国債券インデックス 0.154%
たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり> 0.22%
新興国債券 iFree 新興国債券インデックス 0.242%
eMAXIS 新興国債券インデックス(為替ヘッジあり) 0.66%
三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド 0.374%
国内リート eMAXIS Slim 国内リートインデックス 0.187%
たわらノーロード 国内リート 0.275%
海外リート eMAXIS Slim 先進国リートインデックス 0.22%
たわらノーロード 先進国リート 0.297%
バランス eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.143%

これら投資信託に加えて「みずほDC定期預金(1年)」もラインナップされています。適用金利は0.002%です。

松井証券はeMAXIS Slimシリーズをすべて取り扱っています。なお、iDeCoの取扱商品数には35本という上限があります。
※ターゲットイヤー型の投資信託はまとめて1本として数える

松井証券は、31本分の枠を使っており、残り追加できる枠は4本分となっています。

SBI証券の取扱商品一覧

<SBI証券のiDeCo取扱商品一覧>
(タブで切り替えられます)

カテゴリ 銘柄名 信託報酬
全世界株式 SBI・全世界株式インデックス・ファンド 0.1022%
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 0.05775%
EXE-i 全世界中小型株式ファンド 0.252%
米国株式 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 0.09372%
iFree NYダウ・インデックス 0.2475%
国内株式 <購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド 0.143%
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 0.143%
先進国株式 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.09889%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.09889%
インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用) 0.176%
新興国株式 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 0.1859%
カテゴリ 銘柄名 信託報酬
国内債券 eMAXIS Slim 国内債券インデックス 0.132%
先進国債券 eMAXIS Slim 先進国債券インデックス 0.154%
インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用) 0.176%
新興国債券 iFree 新興国債券インデックス 0.242%
国内リート <購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド 0.275%
海外リート 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.297%
バランス eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.143%
iFree 年金バランス 0.1749%

これら投資信託に加えて「あおぞらDC定期(1年)」もラインナップされています。適用金利は0.01%です。

iDeCoの取扱商品数には35本という上限があります。
※ターゲットイヤー型の投資信託はまとめて1本として数える

SBI証券は、この35本分の枠を既に使い切ってしまっていて、もう追加する残り枠がありません。つまり、投資家から人気のある投資信託を追加したくても、身動きがとれない状態となっているのです。

SBI証券のiDeCoでは、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が選べません。日本を含む全世界株式を投資対象とする商品として、雪だるま(全世界株式)が用意されています。

対して、松井証券のiDeCoは、eMAXIS Slimシリーズをすべて取り扱っており、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)もラインナップされています。SBI証券よりも松井証券のiDeCoのほうがおすすめです。
→松井証券のiDeCo公式サイト

松井証券

関連ページ

松井証券

投資家から選ばれる理由を解説しています。

SBI証券

関連ページ

SBI証券

投資家から選ばれる理由を徹底解説しています。

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積立投資、新NISAやiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。

FOLLOW

  • X(旧Twitter)
  • TikTok
  • Instagram
  • Threads
  • note