【徹底解説】iFreeNEXT FANG+インデックスの評価と評判

カテゴリー:投資信託
最終更新日 : 2021年01月08日
fangの構成銘柄

iFreeNEXT FANG+インデックスは、世界的に大きな影響力・高い知名度を持つ会社に集中投資できるインデックスファンドです。フェイスブックやアマゾンなど、アメリカに上場されている10銘柄の株式を組み入れています。(※アイフリーネクスト・ファングプラス・インデックスと読みます)

このページでは、評価や評判、組み入れ銘柄(構成銘柄)について徹底解説しています。

基礎データ(評価・評判など)

<iFreeNEXT FANG+の基礎データ>
評価・おすすめ度 ★★★★☆ (4/5)
運用会社 大和アセットマネジメント
連動対象 NYSE FANG+指数
ファンド設定日 2018年1月31日
分類 外国株式型インデックス
販売手数料
(購入時手数料)
無料
信託報酬
(運用管理費用)
0.7755%
信託財産留保額 無料

最新のチャートをご覧いただけます。

iFreeNEXT FANG+インデックスの連動対象である「NYSE FANG+指数」は、FANGを中心とした世界的に有名なテクノロジー企業10社から構成される指数です。FANGとは、次の4社の頭文字をつないで、まとめて言うときに使う言葉です。

  • Facebook(フェイスブック)
  • Amazon(アマゾン)
  • Netflix(ネットフリックス)
  • Google(グーグル)

FANG+指数は、「+」となっているように、FANG(4社)にアップルやテスラなど6社がプラスされて10銘柄で構成されています。(詳しくは次の章で紹介します)

iFreeNEXT FANG+インデックスは、世界的な有名企業に集中投資できる便利な投資信託で、評判も上々です。しかし、集中投資している分、リスクも大きいので注意が必要です。

当サイトの"イチオシ"投信!

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

人気NO.1の投資信託です。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020」でも投資信託の事情通たちから圧倒的な支持を受けて1位を獲得しています。

くわしくはこちら:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の評価と利回り

iFreeNEXT FANG+インデックスの組み入れ銘柄(構成銘柄)

iFreeNEXT FANG+インデックスは、FANG+指数に連動させるように運用されます。そのため組み入れ銘柄は、FANG+指数の構成銘柄と同じです。

<組み入れ銘柄>
順位 銘柄名 国・地域 組入比率
1 テスラ アメリカ 11.3%
2 アルファベット
(グーグル)
アメリカ 10.5%
3 ツイッター アメリカ 9.9%
4 バイドゥ 中国 9.5%
5 フェイスブック アメリカ 9.3%
6 アップル アメリカ 9.3%
7 エヌビディア アメリカ 9.2%
8 アマゾン アメリカ 9.2%
9 ネットフリックス アメリカ 8.9%
10 アリババ 中国 8.6%

(2020年11月30日時点)

アメリカの企業を中心として構成されていますが、中国企業からも2社が組み入れられています。アリババとバイドゥです。

アリババ

アリババは、「タオバオ」や「Tモール」といったEC(電子商取引)サイトを展開する会社です。「中国版アマゾン」のようにイメージすると分かりやすいかと思います。

バイドゥ

バイドゥは、中国でシェアNO.1の検索エンジンを提供している会社です。こちらは「中国版グーグル」のようにイメージすると分かりやすいかと思います。

また、FANG+指数には、FANGに加えてアップルも入っているので、GAFAに投資できるということにもなります。
※Google、Apple、Facebook、Amazonの4社のこと

レバレッジ型のデメリット

iFreeシリーズには、iFreeレバレッジ FANG+という投資信託もあります。日々の値動きがFANG+指数の2倍くらいになるように運用されます。このようなレバレッジ型の投資信託は、値動きが大きいので注意が必要です。

また、レバレッジ型の投資信託には、参考指数が上がったり下がったりを繰り返すと、その銘柄の価格が押し下げられてしまうというデメリットがあります。

先ほど「日々の値動きの2倍くらい」と表現しましたが、これは言い換えれば、投資してから2日後、3日後の値動きが2倍ではないということなのです。具体例で見るとわかりやすいかと思いますので、次のグラフと表をご覧ください。

ifreenext fang+のチャート
iFreeレバレッジFANG+の目論見書より引用
<チャートの計算式>
基準日 対象指数
(FANG+)
当ファンド
1日目 100+10%
=110
100+20%
=120
2日目 110-9.09%
=100
120-18.18%
=98.18
3日目 100-10%
=90
98-20%
=78.54
4日目 90+11.11%
=100
78.54+22.22%
=95.99

このように、iFreeレバレッジ FANG+は、リスクが大きいこと、価格が押し下げられることがデメリットです。

つみたてNISAでは買えません

iFreeNEXT FANG+インデックスは、つみたてNISAでは投資できません。なぜなら、つみたてNISAで投資できるインデックスファンドは、金融庁の指定している指数に連動する商品に限られるからです。

【つみたてNISAの対象とする指数例】

  • 日経225(日経平均株価)
  • S&P500
  • MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス

指定インデックス以外の指数に連動させるインデックスファンドは、アクティブファンドのほうの要件を満たせば、つみたてNISAの対象商品となる場合もあります。ただし、インデックスファンドよりもアクティブファンドの要件のほうが厳しく定められています。

現状、iFreeNEXT FANG+インデックスは金融庁の定める要件を満たしておらず、つみたてNISAでは投資できません

おすすめ証券会社の還元率比較

大手ネット証券には、投資信託を持っているだけで現金やポイントがもらえるサービスがあります。なんの特典もない金融機関で買うよりも100%お得です。

銘柄によって還元率が異なる証券会社もあるので、銘柄ごとに最もお得なところで取り引きできるように、各証券会社の口座を開いて使い分けるのも良いでしょう。

iFreeNEXT FANG+インデックスの各証券会社の還元率は、以下の表のようになっています。

<還元率の比較>
順位 証券会社 運用時の
還元率
詳細
ページ
1 auカブコム証券 0.24% 詳細
2 SBI証券 0.2% 詳細
3 マネックス証券 0.08% 詳細
4 楽天証券 0.048% 詳細
5 松井証券 0.02% 詳細

※年率(最大)

iFreeNEXT FANG+インデックスの場合、auカブコム証券が最も還元率の高い証券会社です。

iFreeNEXT FANG+インデックスは、世界的に有名なテクノロジー企業10社へ集中投資できるインデックスファンドです。集中投資するということは、その分リスクも大きいので、投資する場合は注意しましょう。

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積み立て投資、つみたてNISAiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。