PC表示スマホ表示

ロボアドバイザー『ウェルスナビ』をチェック!

ウェルスナビ公式サイトトップページ

ウェルスナビは、私たちの資産運用をサポートしてくれる『ロボアドバイザー』です。簡単な質問に答えると、『自分の運用方針に合った資産配分の診断』が無料でできます。また、手数料がかかりますが『自動で資産運用』することで、手間なく投資をすることができます。ウェルスナビはロボアドバイザーの中でも多くの機能を備えている部類に入ります。

このページではウェルスナビの特徴メリット・デメリット、運用にかかるコストなどをチェックしていきます。

  1. 1. ロボアドバイザー『ウェルスナビ』とは?何ができる?
  2. 2. ウェルスナビの特徴
  3. 3. ウェルスナビのメリット・デメリット
  4. 4. サービス開始からの運用実績
  5. 5. ウェルスナビはどんなユーザーにおすすめか?

ロボアドバイザー『ウェルスナビ』とは?何ができる?

ウェルスナビの特徴

ウェルスナビの機能は、大きく分けると2つです。

1.自分の投資スタイル・運用方針に合った資産配分の診断、運用シミュレーション

ウェルスナビでは、投資に関する質問に答えることで、『自分に合ったリスクの度合いの判定』、『資産を作るための資産配分の提案』、『運用のシミュレーション』などができます。ちなみにこの機能は無料で利用することができます。

2.資産運用のお任せ

ロボアドバイザーの中には、『1.』のような診断やシミュレーションができるものと、診断結果に合わせて運用をお任せまでできるものに分かれます。ウェルスナビでは、資産運用のお任せもすることができます。

ウェルスナビの特徴

ここからは、ウェルスナビの特徴を細かく見ていきます。

主な機能
  • ・最適な運用プラン診断
  • ・資産運用のお任せ
投資対象商品 海外ETF
最低投資金額 10万円
手数料(年率)
  • ・3,000万まで1.0%(税別)
  • ・3,000万円超の部分0.5%(税別)
自動積立 1万円/月から
その他機能
  • ・利益にかかる税負担の軽減機能
  • ・通常できないETF分配金の再投資ができる

月々1万円からの積立投資ができる

長期の資産運用において力を発揮する『積立投資』。少額でも積み立てで投資を続けることで、将来の資産づくりに貢献します。ロボアドバイザーのウェルスナビは、月々1万円~の積立投資に対応しています。

運用にかかる手数料は年1%

ウェルスナビ利用時にかかる手数料は運用をお任せするための手数料年1%(税別。運用資産3,000万円超の部分は0.5%。)だけです。

長期で投資すれば手数料が優遇

ウェルスナビの手数料

※ウェルスナビ公式サイトより

ウェルスナビの通常の手数料は年1%です。ところが、ウェルスナビで運用を続けていると、半年ごとに①の手数料が優遇され、最大0.90%まで手数料が引き下げられます。

資産配分の再調整『リバランス』も自動

投資信託を組み合わせて資産運用を続けていると、最初に決めた資産配分からバランスが崩れます。このバランスが崩れると、期待したリスクとリターンも崩れてしまうので調整する必要があります。こうした手間を省いてくれるのがウェルスナビの利点です。このリバランスの費用も、先に紹介した①に含まれています。

 ▶   ウェルスナビの公式サイト


ウェルスナビのメリット・デメリット

イメージ画像

メリット① ETF分配金の再投資

ウェルスナビの海外ETFを活用した運用には、ETFの弱点をカバーできる仕組みがあります。通常ETFは、分配金を再投資できません。そのため、分配金を再投資できる投資信託と比べて投資効率が下がってしまいます。しかし、ウェルスナビではETFの分配金を再投資できる仕組みがあり、投資効率を高めています。これはウェルスナビのメリットと言えます。

メリット② 支払う税金を減らす仕組みがある

そして、もう1つウェルスナビの特徴的なサービスがあります。それが『DeTAX(デタックス)』です。運用で得る配当や、リバランス(運用によって当初予定していた資産配分と現在の資産配分がずれた場合に、当初の資産配分に戻すこと)によって生まれる税負担が一定額を超えた場合、あえて含み損を作ることで、税金の繰り延べをして支払う税金を小さくするのが『DeTAX』の機能です。

この機能を活用するには一定の条件を満たす必要があるそうですが、税金面でのメリットを受けつつ資産運用をおまかせできるのは、他のロボアドバイザーには見られないウェルスナビならではのサービスです。

 ▶   ウェルスナビの公式サイト


ウェルスナビのデメリット 『費用』

イメージ画像

ウェルスナビは、運用を自動でお任せできるという大きなメリットがあります。しかし、それがデメリットともなります。通常の投資信託を用いた資産運用であれば、先に紹介した①の手数料1%はかかってきません。

また、投資信託が100円や1,000円くらいから購入できることと比較すると、初期投資額が10万円というのも、ややハードルが高めです。

サービス開始からの運用実績

『運用をお任せできることは分かったが、実際の運用状況はどうなのか?』という疑問を持たれる方も多いと思います。ウェルスナビでは、サービス開始された2016年1月から100万円を投資し、毎月3万円ずつ投資した場合に、どのような結果になっているかを公開しています。

ウェルスナビの運用実績

ウェルスナビではユーザーのリスク許容度(リスクの度合い)に合わせて、5つの運用コース(リスク許容度1~5)がありますが、2018年3月時点ではどのコースも利益を出しています。 最新の運用状況はウェルスナビのサイトで公開されています。

最新の運用実績は、ウェルスナビのページ下部『長期・積立・分散のシミュレーション』から運用状況を確認できます。

ウェルスナビのサイト画像


ウェルスナビはどんなユーザーにおすすめか?

  •  ・資産運用は全ておまかせしたいという方
  •  ・ある程度運用に回せる資産がある。
  •  ・支払う税金の最適化もおまかせしたい。
  •  ・運用にかかるコストも、ある程度抑えて運用したい

このような点に該当する方には、魅力的なサービスだと思います。

資産運用の方法はたくさんあるけれども、ウェルスナビ独自のサービスを活用してみたいという方は、まずはウェルスナビの無料診断を試してみてはいかがでしょうか?

ウェルスナビの無料診断

ウェルスナビの無料診断サービス

ウェルスナビで取引して1,500円キャッシュバック

当サイト限定!楽天証券の口座開設キャンペーン

※ウェルスナビ公式サイトより

現在ウェルスナビでは、当サイト経由で口座開設をされた方に2つのキャンペーンが実施されています。

【①:1か月分の手数料をキャッシュバック

 1. キャンペーンページより口座開設申し込み

 2. ウェルスナビキャンペーンページからエントリーを済ませる

 3. 口座開設を申し込みした月に、新規で資産運用を始める

 4. 資産運用を始めた月の末日時点で20万円の残高がある

 5. 翌月末までに、1度も出金を行わない

・以上の条件を満たすと翌月中の手数料がキャッシュバックされます

【②:現金1,500円プレゼント】

 1. キャンペーンページより口座開設申し込み

 2. ①のキャンペーン、1.~5.までの条件を満たす

・以上の条件を満たすと、もれなく1,500円プレゼント

口座開設の締切: 2018年10月31日

 ▶   ウェルスナビの公式サイト


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用