PC表示スマホ表示

メリットのある移管例を紹介

当ページは、これまで学習してきた「投資信託の移管」についてのまとめページです。

 

まず前提として、大手証券会社の代表、野村証券で「グローバル・ソブリン・オープン(グロソブ)」という投資信託を持っているとしましょう。これをSBI証券に移管した場合、トータルでどれくらいのメリットがあるのでしょうか!?

1、野村証券で100万円分のグロソブを買ったとします。購入時手数料は1.62%ですから、16,200円(=100万円×1.62%)の手数料がかかります。(買付け方法により、手数料額が異なる場合もあります。購入時にご確認下さい。)

<これから新規に買い付ける場合>

たとえば、毎月1万円を使って、この投資信託(グロソブ)を買い付ける“積み立て投資”の場合は、毎月162円(1.62%)かかりますが、SBI証券に移管しておくと、毎月の購入時手数料が無料となります(参考ページ:手数料が安くなる)。

2、次に、野村証券で買ったグロソブをSBI証券に移管します。SBI証券には、『投信マイレージサービス』の制度があるので、移管後は毎日ポイントが付きます(参考ページ:ポイントが付く)。100万円分の投資信託であれば、1年間持っていれば1,000円分(年間0.1%)のポイントが付きます。

<税金面のメリットも>

仮に、グロソブが値上がりして10万円の利益が出ていたとすると、このまま売却してしまえば、利益に対して20.315%の税金がかかります。つまり、20,315円(=10万円×20.315%)を税金として取られてしまうのです。証券会社間の移管作業は利益確定ではないので、含み益はそのまま引き継がれます。このように、一旦売却してから証券会社を乗り換えるよりも、移管したほうがコストが安く済むこともあります。


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用